なおきのブログ

読書・書評/コミュニティ/ナレッジマネジメント/コラボレーション/エンタープライズWiki/戦略家/探検家/作家志望
Community Design, Knowledge Manager, Collaborator, Wiki Evangelist, Strategist, Adventure, Writer & Book lover

もし、これから読書習慣をつけたいと前向きに考えている人がいたら、たぶん私はこの質問をすると思います。 読書で最も大切なことってなんでしょうか? ...

日本人の歴史に対する知識というのは、おそろしく日本史に偏っていて、世界史の中での日本の位置づけを知らないままになっていないでしょうか?今後、ビジネスがグローバル化していく中で、世界の中の日本を知らないことは交渉上、不利になりかねません。であるのにもかかわらず、歴史学者や文科省がなぜかこの状況を改善しません。改善を試みている人もいないではありませんが、大きなムーブメントは形成していません。 市井の書評ブロガーである私にどの程度のものが書けるのか分かりませんが、「世界史の文脈で日本を語」りたいと思います。 ...

2017年の世の中の動きは、うらなっておこうと思います。 ・働き方改革の転換年 ・ソーシャルメディアと著作権 ・政治の行く末 ...

2008年途中から読書記録を取り始めました。当初ブクログで記録し、2009年の途中よりメディアマーカーに引っ越して現在に至ります。過去の読了数も含め、棚卸ししました。2016年は170冊。ここ3年は約170冊で推移しています。そして、2016年は書評サイト「シミルボン」への投稿を開始しました。こちらは2016年の投稿数は44件です。 ...

戦前の暮し、戦争への足跡、戦時下の配給生活、もんぺ、兄の戦死、空襲、防空壕、義理の姪の死、負傷、原爆炸裂、敗戦、原爆被害、そして孤児。戦時下の銃後の暮し、戦時下の空襲被害の在り様がよく描かれていました。 ...

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 2017年は酉年です。 酉年生まれの私は年男になりました。 年の移り変わりは早いものです。 ...

東京都で子どもを持つ世帯は敏感に反応したと思います。独身や子どものいない世帯の方、東京都以外の方には、ピンと来ない、あるいは「なぜ、好きで行かせている私立高校を無償化するのか?」と思われる方もいるでしょう。では、以下のグラフをご覧ください。 ...

2016年も残すところあと1日となりました。昨年は年末に読了ベスト10を選ぼうとして難儀したため、今年は四半期単位でベストスリーを選んでいます。まだ1日ありますが、第4四半期のベストスリーを選びます。いや、3つだけ選ぼうとしたのですが、絞り切れずに、ベストシックスになってしまいました。まずは6つとも紹介します ...

昨日仕事納でしたが、先輩が一人退職していきました。 一昨日、プリザーブドフラワーを買ったというのは、そのためです。 有給休暇を消化することもなく、最終日まで出勤。 しかも、最終日まで私の仕事に付き合っていただきました。 ...

私の本職は、投資審査業務です。投資合否を判断するには、その投資により、将来生み出す利益を算出する必要があります。当然、「投資金額」<「将来生み出す利益の総和」が投資GOの条件です。投資を実行に移す時だけでなく、投資後も決算期毎に両者のバランスチェックが必要です。 ...

さきほど、銀座のレリアン・ローズギャラリーにて、 プリザーブドフラワーを購入。 初めて、バラ専門店に足を踏み入れ、 他にもいろいろ数々の品を見てきました。 うん、これはいい。 ...

毎年恒例となっているクリスマスイブの礼拝の参加。 今年も子どもたちが通った日本キリスト教団運営の幼稚園にて、参列いたしました。 この礼拝では、賛美歌(Hymn)を4曲歌います。 ...

「勉強は一生続く」 小学五年生、小学二年生の娘二人を呼んで、 パパは大切なことは何度も言わないと断った上で そう話した。 ...

2016年度最後の朝活読書サロン(@渋谷宮益坂下交差点角Bon Vivant)に参加しました。女性5名、男性3名の参加となりました。今回は全員顔見知りの方でした。 私自身、読書会への参加は、かれこれ7年目になります。リーラボから始まり、東京朝活読書会、そこから派生した朝活読書サロンです。リーラボ、東京朝活読書会とも、数年で衰退し、開催されなくなってしまいました。朝活読書サロンもすでに4年目。メンバーの入れ替わりもあり、このほど、マダムのミコさんが中古本屋さんを開店。メンバーの勢いは増しており、まだまだ続きます。 ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ