なおきのブログ

読書・書評/コミュニティ/フューチャーセンター/人材育成
Book Review / Community Design / Future Center / Human Development

高2の長男が東進ハイスクールに通うことになりました。 東進ハイスクールの教育理念とビジネスモデルに感服しました。 ...

夏祭りの必需品として屋台があります。 お祭りの主催者である町内会と屋台の人たちとは、 全く交流がなく関係がないとのことです。 ...

当日となる今日水曜日は、休暇をとって、紅白幕、提灯などの飾りつけ。 前日雨が降り、午前は雨が止んでラッキーと思いきや、午後から小雨。しかし夕方5時30分ごろには雨も止み、無事決行ということになりました。 練馬区役所の方によると、なんでも練馬区最大の櫓だとか。 ...

今日は曇りのち雨でそれほど気温がありませんでしたが、 昨日まで蒸し暑い日が続きました。 ...

帰りの電車にて。通勤時間帯につきほぼ満員です。3人掛けのシルバーシートに、中年女性2人と若者の男性1人。その前にかなり高齢のおばあちゃんが立っていました。 ...

今年から町内会役員を引き受けたこともあり、28日は夏季巡回ラジオ体操の指導員を務めました。指導員というのは、朝礼台に上り、参加者のお手本となるように体操をする人のことです。 ...

本書によると安倍首相とトランプ大統領の四か国関係に関する利害は一致していそうです。GDPの増大に合わせて軍事費を肥大化させる中国は、日米とも脅威です。オバマ大統領は親中路線を貫きましたが、トランプ大統領は親ロシア路線へ舵を切りました。本書によれば、トランプ大統領に外交のお手本を示したのは安倍首相とのこと。結果的に、日米露のトライアングルができます。 ...

本書が出版されたのは今年の1月。前年2016年11月の安倍・トランプ会談までを描いています。前著と同様、安倍政権の内情を暴露した内容になりますが、いったいこれは本当のことなのだろうか、なぜ山口氏は知り得たのだろうか?と思いつつも、その後の政治過程が本書に書かれている内容と符合しているため、多少脚色や推論が入っているかもしれませんが、リアリズムが感じられます。 ...

思いのほか、読書が進んでいません。現在積読中の本をリストアップします。このまま読めない可能性があるため、書き出すことによって多少なりとも記録(記憶)にしたいと思います。 ...

本書はもうすでに多くの方が読まれており、あまり多くを論ずることはないように思います。本書の結論はシンプルです。「自己受容」と「他者信頼」と「他者貢献」。特に自分自身が「他者貢献」を感じることが人生の幸福につながります。過去に縛られず、未来を夢想せず、今生きているこの瞬間をしっかりと生きること。それに尽きます。 ...

明日から夏休みが始まります。 8月の31日間の間、実に17日間も誰かが家にいません。 ...

第4回の品川読書会を開催しました。のべ93回目の読書会参加となりました。 今回の参加は女性1名男性4名。通算のべ15名の参加です。次回は8月16日(水)開催予定です。 ...

昨日の投稿で、当ブログは1500記事を達成しました。2010年12月に開設し、6年8か月目、2014年8月末から連日ブログ更新を開始してから2年11か月目になります。 ...

いちいち厳しくてうるさいとか、指図をするとか、もう本当にその通りです。女は面倒くさいですよ。しかし、そうじゃない女性を追い求めようとすると失敗します。そうじゃない女性を探し求めるのではなく、そういう女性を受け入れることが恋愛・結婚を成就する秘訣だと思います。 ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ