なおきのブログ

読書・書評/コミュニティ/フューチャーセンター/人材育成
Book Review / Community Design / Future Center / Human Development

あるフューチャーセッションで、オムツを題材にシステムズ・エンジニアリングについて語ろうと思います。なぜなら、システムズ・エンジニアリングという概念がフューチャーセンターのキーイネーブラーになると考えているからです。対話だけでなく、対話から現実解を生み出す価値創造プロセスの概念だからです。 ...

動画による授業を五つの大陸に届けようという税所篤快(さいしょあつよし)さんと仲間たち。彼のすごいところは、なんといっても圧倒的な行動力です。思い立ったら即日アポを取り、翌日には遠路はるばる会いに行きます。そこに迷いがありません。 社会起業家を志したきっかけが、振られた彼女を見返すためだったことを正直に告白し、そのことを恥ずかしい動機と述べているんですが、私は少しも恥ずかしいことだとは思わないです。好きな人のためにがんばれるということは、非常に純粋な動機ではないでしょうか。 ...

3x3ラボで開催された、「【ヒューマン・フロンティア・フォーラム】〜ドラッカー経営学から考える〜」に参加してきました。ドラッカリアンとして参加しない訳にはいきません。 参加した方々は全員ドラッカーの書を読んだ方々ばかりでした。 あらたな得られた気づき ・なぜ日本ではアメリカ以上にドラッカーは日本ではやったのか? ・ドラッカーは役に立つのか? ・企業が追求すべきは利益なのか? ...

Flickrの再有効化にYahoo!アカウント(日本ではなくアメリカの)が必要とのことで、Yahoo!アカウントを取得したわけですが、My Yahoo!が昔と比べてずいぶんと洗練された印象を持ちました。 iGoogleがなくなって以来、ダッシュボード機能がなくなって困っていましたが、My Yahoo!はiGoogleの代わりになりそうです。 ...

プチ鉄道オタクの私としては、欠かせないこの手の本。 著者であり公募社長の鳥塚社長が、起死回生、いすみ鉄道を蘇らせます。鳥塚社長の採った経営手法は、地方鉄道のみならず、人口減少により財政難にあえぐ地方の自治体にも活用できるのではないかと思います。 ...

本書は、企業間フューチャーセンターの八田さんに紹介していただきました。 この本のサブタイトルを私がつけるとすれば、「物理学と愛の統一理論」でしょうか? 本書は、建築デザイナーの方が書かれた本でありながら、数学、物理学、哲学について書かれており、それらを建築家の視点で統合しようと試みると大胆なテーマの本です。 ...

3月27日は、ひさしぶりに品川で朝からやる夜の読書会MAXに参加してきました。参加人数は、3名です。「夜の読書会MAX」は、MIXIからスタートした読書会です。2010年に初めて参加し、これまでに5回ほど参加しました。未読書を持ち寄り、その場で30分かけて読み、その後2分間で紹介するというものです。 -未読書の消化 -短時間で要点を絞り込むように読む訓練 -短時間で紹介する というところがポイントです。一番最初に参加した会が15名ほどの規模で、「なんてレベルが高いんだ」と思ったものです。 ...

月26日(水)、EGMフォーラムの月例会に参加した。参加人数は13~14名だった。なんと、アメリカ在住のあの方も、現地早朝6時より、ビデオ会議で参加した。 ファシリテーターは、hyoshiokこと、吉岡さん。テーマは組織改革で、組織改革について、あーだこーだと話し合われた。 ...

「未来予測」の類の本なのですが、そんじょそこらの予測本ではありません。というのは、著者のヨルゲン・ランダース氏は40年来、このテーマにかかりっきりなのですから。本書の英語版が出版されたのが2012年。その40年前の1972年に出版されたのが、ローマクラブによる『成長の限界』でした。「人口増加や経済成長を抑制しなければ、地球と人類は、環境汚染、食糧不足など100年以内に破滅する」と警告した本です。 ヨルゲン・ランダース氏は『成長の限界』の編集に携わりました。 1972年から40年経ち、その間に起きた変化から、さらに40年先を見通したというのが、本書の位置づけです。人口増加、エネルギーと環境問題、食糧問題、非物質的な未来、人間の精神という5つの問題に対し、真正面から向き合う本です。 ...

6日前、武雄市の市長と教育監への批判について、批判のふりをして批判になっていないのではないか、「あやつらは悪だ。なぜなら悪だからだ」という論法に陥っていないのか?という批判をしてみたら、Twitter上でけっこうリプライ・話題をいただきました。 しかし、Twtiterでのつぶやきは断片でしかありません。Twitterの限界です。 はからずも粘着の意味がよく分かりました。 Twitterというのは、両刃の剣です。よいコミュニケーションツールにもなりますし、かえって自分の誇大妄想を拡大させ、コミュニケーションを阻害するツールにもなります。 ...

シンガポール航空といえば、サロンケバヤというボディコンシャスな民族衣装をまとった女性客室乗務員が魅力的です。エキゾチックな色気が漂うんですが、シンガポール人というのは人種でいえばほとんどがチャイニーズです。しかし、シンガポールに在住していた折、シンガポール女性の憧れの的は、日本人女性でした。 ...

クリミア半島の位置をあらためて確認してみました。黒海に突き出している半島がクリミア半島、黒海の右上沿岸部には、冬季オリンピック・パラリンピックが開催されたソチがあります。直線距離で300-400kmでしょうか。 クリミア自治共和国はウクライナの一部ですが、ロシアが編入しようとしているらしい(編入した?)という話です。まるで「ソチでのパラリンピックの終了を待っていました!」と言わんばかりの早業です。 ...

なんということを言い切るのでしょうか?最初にこの本を本屋さんで見つけた時にそうびっくりしました。ただ読んでみて、実力のある中小企業の有効な施策であって、大企業ではなかなか難しいな、と思いました。しかし、とある大企業でトップの判断で嫌な取引先を切った例も知っているので、大企業で必ずしも無理とは言い切れない点もあります。また、いくつかの施策、思想は、大企業であっても利用可能だと思います。 ...

「反転授業」なるものがニュースになっているらしい。なんでも、ユニークな図書館で話題になった武雄市が、半年間の試行を踏まえて、市内小学校に全面展開するとのこと。 聞き慣れない言葉だったため、念のためあれやこれや調べてみた。 広義の本来の意味はともかく、タブレットPCを用いたITによる教育のひとつの方法だということが分かった。 ...

私が参加している企業間フューチャーセンターで「お坊さんと一緒に映画『happy』を観て幸せを考えるカフェ」を開催することになりました。映画を見て、お坊さんの話を聞いて、対話を行います。企画メンバーとして参加していることもあり、あらためてご案内させていただきます。 ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ