なおきのブログ

読書・書評/コミュニティ/フューチャーセンター/人材育成
Book Review / Community Design / Future Center / Human Development

天才は10歳までにつくられる―読み書き、計算、体操の「ヨコミネ式」で子供は輝く!著者:横峯 吉文ゴルフダイジェスト社(2007-04)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 著者と本書概要 プロゴルファー横峰さくらの叔父横峰吉文氏の本。ichiroさんの本棚で見つけた。 著者は ...

2010年を振り返ってみた。コミットメントを「[[2010年>http://mindia.jp/book/naokis/keyword/2010%E5%B9%B4]]」で公開しており、その振り返りである。 |コミットメント|評価|コメント・反省点| |(1)泳ぎます。|△|要記録。恐らく10回前後。| |(2)本の読み聞かせ(毎 ...

インターネットが発達するにつれて、ますますリアルな体験が重要になってきます。ITを使ったこうした疑似体験の機会も増えてくるのではないでしょうか? とはいえ、これを自分でやろうとすると、それなりの労力とお金がかかり、現実的ではありません。 2011年の早い段階 ...

15分あれば喫茶店に入りなさい。著者:齋藤 孝幻冬舎(2010-09)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 本書は「サードプレイス」の推奨本と言える。著者・齋藤孝氏の長年の実経験に基づいている。ただ、サードプレイスという概念自体、目新しいものではなく、本書から学び取れ ...

レイアウトのカスタマイズを行いました。 いいね!ボタン等を追加しました。 はてなブックマーク、Mixiチェック、ツイートボタン、Facebookのlikeボタンを追加しました。それぞれ、公式にサポートされています。 ・http://b.hatena.ne.jp/guide/bbutton ・http://developer ...

成毛氏のブログより「本のキュレータ勉強会」の募集締切りましたとのこと。 51名の申込みだそうです。予想以上(?)に競争倍率が高くなりました。「本のキュレータ勉強会」で検索しても、成毛氏のブログ・ツイート以外ほとんど引っかからないため、申込者が少ないのではな ...

本日、成毛眞氏の「本のキュレーター勉強会」に申し込みました。 勉強会の効用 読書アウトプットを行い、自分の文章力を磨く良い機会だと考えました。 勉強会に参加しなくても、ブログ・Wikiを使うことにより、文章力を磨くことはできます。しかし、それでは全て自助努力 ...

2010年に読了したベスト10を選んでみた。 >> 「みんなの意見」は案外正しいジェームズ・スロウィッキー, 小高 尚子角川書店 ( 2006-01-31 )ISBN: 9784047915060なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf)で詳細を見る 2009年末に文庫本が出いてたので読んだ。 英文原著は2 ...

2010年12月、成毛眞氏の本のキュレーター勉強会(現HONZ)への応募をきっかけに当ブログを立ち上げ、今日まで継続。一時、さぼり気味だった時期もあったが、2013年9月10日、ブロガーの徳本氏にお会いしたことにより、2020年の東京オリンピックまで目指してみようと思い、その ...

**日時:2010年12月8日(水)15:00~18:00 **場所:渋谷ロフトワーク **参加者:24名 **関連リンク -http://confluence.atlassian.jp/x/GIBCAQ -http://atnd.org/events/9844 -http://www.facebook.com/album.php?aid=19364&id=122184394509382 ...

◇ なおきさんの本棚 (Naoki-san's Bookshelf)期間 : 2010年11月読了数 : 8 冊心の野球―超効率的努力のススメ桑田 真澄 / 幻冬舎 (2010-06)★★★★★ 読了日:2010年11月30日男の価値は「色」で決まる! (ソフトバンク新書 74)今井 志保子 / ソフトバンククリエイティブ ...

◇ なおきさんの本棚 (Naoki-san's Bookshelf)期間 : 2010年10月読了数 : 8 冊あさきゆめみし―(6) (講談社漫画文庫)大和 和紀 / 講談社 (2001-07-31)★★★★☆ 読了日:2010年10月24日世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書 434)菅原 琢 / 光文社 (2009-12- ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ