なおきのブログ

読書・書評/コミュニティ/フューチャーセンター/鉄道
Book Review / Community Design / Future Center / Railway

来週の日曜日2月9日(日)に東京都知事選です。当初、舛添要一氏に投票しようと思いましたが、家入一真さんに投票することにしました。 投票する理由: 当選はほぼ不可能だと思いますが、投票しようと思ったのは、「この選挙を通じて、ぼくらで一緒に考えていこう」という彼の考えに共鳴したからです。しかし、政治を「一緒に考える」というのは、そんなに簡単ではないはずです。簡単ではないゆえに突破する力、突破する若さが必要です。 ...

2014年1月の読書リストです。結局、正月の在宅時にはほとんど読書ができませんでした。読書時間はもっぱら通勤時間に取っています。1月28日には朝活読書サロンで速読ミニレッスンを受けました。 それぞれの本に五段階評価をつけさせていただきましたが、12冊中7冊に★★★★★をつけました。いつになく、1月はたくさんの良書に出会えました。 ...

今さらながら、今度、仕事関係で『恋するフォーチュンクッキー』の動画制作に関わることになりました。関係者各位にはご協力お願いします。上映は2月20日です。 しかし、私はまったくもって芸能関係に疎く、この話を頂戴するまで『恋するフォーチュンクッキー』の世の中 ...

昨日、朝活読書サロンに参加しました。いつも参加している東京朝活読書会の参加メンバーがスピンオフして立上げた読書会で、今回6回目、私自身の参加は初めてでした。読書数はおそろしくて訊けないほどのメンバーが揃っていることもあり、紹介されいてる本の充実度も濃厚です。 ...

『AKB48の戦略! 秋元康の仕事術』は田原総一朗氏と秋元康氏の対談本です。昨年読んだ本の一冊なのですが、あらためて秋元康という人のスゴぶりをまざまざと思い知らされることになりました。旬はすぎていますが、今度、とあるイベントでAKB48をネタとして使うことになりましたので、あらためて本書の書評を書く次第です。 ...

企業間フューチャーセンター新年初回のワールドカフェ「初夢カフェ」に参加してきました。人の夢を叶える方法として、「ワールドカフェ」は有効ではないでしょうか?そう確信にいたりました。そう確信できたことが、この「初夢カフェ」に参加した最大の収穫でした。 ...

ブログを更新し続ける以上、新年の抱負を書こうと思っていたのですが、なかなか筆が進まず、少しブログの更新が渋ってしまいました。考えが整理つきましたので、あらためて執筆する次第です。「抱負」より「決意」と言ったほうがしっくりくるため、「決意」としました。 ...

先月の読了リストです。12月は師走の名のとおり、あっという間に時間が過ぎてしまいました。特に月の前半、『鉄道と戦争の世界史』に思いのほか時間を取られてしまいました。この手の本格的ハードカバーを読みこなすには、速読を身につけたいところです。 ...

元旦朝一で、子どもたちを連れて『永遠の0」を鑑賞してきました。 期待通り、号泣です。 絶対おすすめです。 戦後の日本の平和と発展は、多くの命の犠牲によって成り立っていると、つくづく感じました。 靖国神社にお参りに行こうと思います。 ...

Googleの2013年の振り返りが、なかなか心にくいです。 2013年前半はあまりブログを更新していませんでしたので Facebookの振り返りはFacebook内での更新がメインになっています。 それではよいお年を! ...

前記事で、マスメディアの鵜呑みにせず一次情報を確認しよう!ということを述べました。同じことはインターネットにも言えます。2013年を振り返ると、ソーシャルメディア、特にFacebookが定着した時代と言えそうです。マスメディアによる報道に多くの人が疑問を感じた年となり、特に年末の靖国神社にまつわる報道については、甚だ疑問に感じざるをえません。しかしながら・・・ ...

インターネット上は安倍首相による靖国神社参拝の賛否両論で百花繚乱状態になっています。マスメディア批判もあれば、マスメディア批判されている方が一次情報を未確認のまま、偽情報を垂れ流しているケースも散見します。 インターネットの登場により、情報の民主化がなされ、情報入手の敷居が低くなりましたが、一方で、得た情報の真贋を見抜く力(インターネットリテラシー・ソーシャルメディアリテラシー)がますます必要になってきていませんか?マスメディアやインターネット上の偽情報を安易に信用し流されないためにも、一次情報を確認することが必要ではないでしょうか。 ...

courtesy to PhotoFunia 今年はこれまでのところ、123冊を読了しました。年間ベスト10を選びたいと思います。甲乙つけがたいため、読了した順に紹介します。書評や関連記事を書いた本については、リンクを貼っておきますので、興味を持っていただけましたら、参照していた ...

昨日につづき、靖国神社を通じて考察してみたいと思います。今度は日本人の自然観と死生観についてです。中国と韓国は仏教や儒教という価値観を共有していますが、一方で自然観や死生観については価値観を共有していません。結局のところ、靖国神社参拝について直接的かくかく云々説明するよりも、日本人の自然観や死生観を世界に向けて説明する必要があるのではないでしょうか? ...

安倍内閣総理大臣が靖国神社を参拝したということで、まだテレビの報道は見ていませんが、インターネット上を見ると賛否両論がうずまいています。ここでは靖国そのものの是非ではなく、認知科学・社会心理学の観点で自らが錯覚を引き起こしているという点を整理してみたいと思います。 ...

いつも参加させている東京朝活読書会の方々といっしょに 『散歩の達人2014年1月』に載せていただきました♪ これでまた、あらたな参加希望者が出てくれるとうれしいです。 ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ