なおきのブログ

読書会 / 書評ブログ / 自然言語 / 妻1息子1娘4の7人家族 / 未来の学校 / Dead Teachers Society

2015年12月

昨年はノーベル物理学賞赤碕勇さんの自伝を読み、今年はノーベル生理学・医学賞受賞の大村智さんの本を読みました。ノーベル賞受賞者の伝記は、けっこうおすすめだと思っています。何事かを成し遂げた人というのは、そこにいたるまでに一体どんな人生の道を歩んできたのでしょうか?そこに多くの示唆があると思います。 赤碕さんが、「一所懸命」を体現したような人であれば、大村さんは時代の先駆者でした。今でこそ風貌はおじいさんですが、ずっとエネルギッシュに活躍され、かつ時代を先導してきました。研究者だけでなく、時に経営者となり、時に美術篤志家となり、時に社会起業家となりました。 ...

学校にまだ残っていたひまわり *12月7日(月) 晴れ 昼食は、北品川のネパール料理店、ガウリへ。 辛さが5段階になっていて、3番目の辛さにしたのですが、問題なくクリア。 次回行く時は、4番目の辛さに挑戦します。 -ガウリ【旧店名】ゴサイクンダ) - 品川/カレーライ ...

昨日から今日にかけて、「小保方晴子さんの発見は真実だった事が証明された? 多能性を持つSTAP現象と同じ研究結果」というデマが、Facebook上を駆け巡り、私よりソーシャルメディアの利用に長けているはずの友人知人までもが多数引っかかってしまいました。 ...

2年ぶりの作品展覧会。 この展覧会に触れると、子どもの創造力に圧倒されます。大人になることは、分別がつくようになることなのですが、同時に創造力も失われてしまうのでしょうか。 ...

2ヶ月ぶりの朝活読書サロン。 2回参加をスキップしてしまいました。 今日の参加者は6名。初参加者は1名。 今日も濃厚な読書会でした。 ...

2年前、フューチャーセンターという1000本の出る杭が立ち上がると書きました。当時、私が自由に出入りできる場所は4つ程度でした。それで十分でした。しかし今、いくつもあちこちに場所ができ、あちこちからお誘いいただきます。体は一つしかないので、そんなに参加できません(笑)。箱(場所)の乱立に中味が追いついていません。「実体経済とかけ離れた」状態になっていないでしょうか? ...

*11月30日(月)晴れ 29日から父が上京してきている。 この日は父と妻が六本木の国立新美術館へ。 長女が生まれてから17年間育児をしてきた妻には、 平日に外出して息抜きする時間があまりなかった。 父に連れて行ってもらってよかった。 国立新美術館の話しを職場の隣のい ...

東京ディズニーシーに妻・三女(小4)・四女(小1)とともに行ってきました。 家族人数分のチケットをいただき、本日指定日でした。 受験生がいることもあり、春に延期しようと思っていました。 それで、多方面には、12月6日には行かないよ、と説明していました。 ところが、いろいろ行き違いがあり、子ども二人を連れて急きょ行くことに。 ...

失敗パターンには二つあります。 ・不注意や何らかの不可抗力で起きてしまった失敗 ・やったことがないことに挑戦した結果、起きてしまった失敗 振り返り方もそれぞれ異なります。 ・不注意の失敗には「原因追求型」の振り返り ・挑戦の失敗には「目的確認型」の振り返り しかし、我々は、挑戦の失敗に対しても、間違って原因追求をしてしまいがちです。 ...

今日の自分の失敗。 それは、自分がやりたくないことを人にやってもらおうとしたこと。 自分がしたくないことは人にもさせない。 自分がされたくないことは人にもしない。 自分がされてうれしいことは人にもしてあげる。 自分がうれしいことは人にもあげる。 うれしいこと、楽しいことが人と人の間をぐるぐるまわれば 社会はよくなる。 ...

11月30日にオリコンより2015年年間本ランキングが発表されました。 こんなものなのだろうか。 文芸書・ノンフィクションの類がざっと半分。 ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ