なおきのブログ

読書・書評/コミュニティ/フューチャーセンター/人材育成
Book Review / Community Design / Future Center / Human Development

2017年08月

UNESCOが発表している国別の国内総R&D支出(Gross Domestic Expenditure in R&D)を元に、以下の主要7ヶ国の1996年から2015年までの経年変化をグラフにしてみました。2015年の支出額順です。購買力平価での比較です。 ...

好もうが好まざるが、寿命延長・婚姻率低下・離婚率上昇・死別増加により、人生の中で独身である時間の割合が長くなります。その肝は、自立心と多様な人間関係です。多様な人間関係が、家族以外の人生におけるセーフティネットを持つことにも繋がります。 ...

今週、この本を読書会にて二日連続で紹介しました。 なぜこの本を紹介したかというと、この本が「選書本」だからです。この本を起点に名著を探せるからです。5年前に読んでいたのですが、改めて読むべき本を発掘するために再読しました。 ...

社内同好会制度を使って、「読書部」を立ち上げました。立上げ時部員数8名。中には読書会未経験者もいます。月1部会を開催予定です。本日、第1回部会ランチョンがあり、私を含め4名が参加しました。一番オーソドックスな、お薦め本を紹介するタイプです。今後も部員募集中です。 ...

高橋一生演じる小野但馬守政次が亡くなりました。まさかの結末です。 名脚本・名演出・名演技、三拍子そろいました。あっぱれ脚本家、あっぱれ演出家、あっぱれ柴咲コウと高橋一生!次週から政次を失った直虎は、ひと回りも二回りも大きく成長することでしょう。 ...

|目次読書・書評     日記      コミュニティ    分析・考察   IT・インターネット スライド    English       歴史・地理   社会・政治経済   ビジネス・働き方人生・キャリア   家族・教育・子育て| 読書・書評 -哲学・宗教 -歴史 ...

本日、企業間FCの会合で、『LIFE SHIFT』の企画検討会を開催しました。これは、5月1日の企業間フューチャーセンター全体ワークショップで発案し、理事の牛山さんとの検討を受けて、本日の企画検討会になりました。 ...

現在のメジャーな新書レーベルで、「岩波新書」についで歴史を誇るのは「中公新書」ではないかと思います。歴史関連の新書が多いように思います。最近だと『応仁の乱』が大ブレイクしました。「岩波文庫」、「岩波新書」についても、何が読まれているのか?私は何を読んだのか?を整理してみようと思います。 ...

月曜日は有給休暇をいただき、青春18きっぷを使って銚子まで。銚子電鉄に乗ってきました。本当はもう少し遠方の温泉に行く予定だったのですが、あいにくの雨模様につき、断念。前日に急きょ行先を変更。朝活読書サロンに参加し、ゆっくり目のスタートです。 ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ