成毛眞氏の選書だが、氏の選択眼に脱帽した。今までのところ、間違いなく2011年ナンバーワンの書といってよい。


常々、我々は現在からの認識でもって歴史を見てしまい、誤った歴史解釈をしがちである。本書は、日本の美術史に光を当てただけでなく、戦前の日米関係の悪化の過程を、アメリカに残された日本企業の立場から、生々しくもリアルに描くことに成功した。以下、(1)美術史、(2)日米関係史という側面で本書の書評に試みる。


目次

序章 琳派屏風の謎

第一部 古美術商、大阪から世界へ

第一章 「世界の山中」はなぜ消えたか

第二章 アメリカの美術ブームと日本美術品

第三章 ニューヨーク進出

第四章 ニューヨークからボストンへ

第二部 「世界の山中」の繁栄

第五章 ロンドン支店開設へ

第六章 フリーアと美術商たち

第七章 日本美術から中国美術へ

第八章 ロックフェラー家と五番街進出

第九章 華やかな二〇年代、そいて世界恐慌へ

第十章 戦争直前の文化外交と定次郎の死

第三部

第十一章 関税法違反捜査とロンドン支店の閉鎖

第十二章 日米開戦直前の決定

第十三章 開戦、財務省ライセンス下の営業

第十四章 敵国資産管理人局による清算作業

第十五章 閉店と最後の競売

第十六章 第二次世界大戦後の山中商会

終章 如来座像頭部

資料と参考文献


美術史の側面

本書を読むまで不思議に思っていたことがある。尾形光琳の屏風や安藤広重の浮世絵などの江戸時代までの美術品が、明治時代以降、なぜ欧米に大量流出したのだろう?同様のことは中国美術についても言えた。本書を通じて、その原因がよく理解できた。その原因とは以下の3つに集約される。


認識の問題

我々は、光琳や広重の作品を美術品だと思っている。しかし、それは貧困を乗り越え、経済的に豊かになり、成熟した現代社会から見ているからこそ、そうだと言える。

「美術品は貧乏な国から逃げていくものですよ。価値があるとわかったときに、取り戻せばいいんです」

これは本書に登場する現代の中国人ジャーナリストのコメントだが、正鵠を突いている。価値のある美術品が日本や中国から流出したのではない。美術品としての価値を見出したのは欧米人であり、欧米に流出したからこそ、保護されて現在に至るのである。特に中国の美術工芸品については、義和団の変から第二次大戦まで、実質内戦状態にあった中国に留め置かれていたら、さらに多くの美術品が破壊しつくされていただろう。


その中国からは、半ば略奪のような形で美術工芸品が輸出された。いや、中国人もが略奪に加担していた。欧米人からお金を受け取り、勝手に石窟の像などを売ってしまった。『シュリーマン旅行記』にも描かれていたが、当時の日中の国民レベルの秩序・モラルは、雲泥の差だったのである。


宗教の問題

江戸時代まで、美術品の所有者は誰だったか?大名家や商人、そして寺院や神社だっただろう。そして、明治時代になると、廃仏毀釈が引き起こされた。寺院への寄進は激減し、経済的に困窮したに違いない。本書でも美術品の流出源としての寺院が描かれている。

本願寺は明治にはいってから、経済的な必要性にかられて、何度か大きな競売を行った。


経済の問題

幕末に開国して以降、外国製品の流入により、日本は大変な輸入超過、貿易赤字に陥っていた。明治時代以降、茶・生糸と並ぶ重要な輸出品が美術工芸品だった。そして、日本の美術工芸品は、日本人が思っていた以上に欧米人を惹きつけることになる。

わずか二十数年前にペリー提督によって「発見」された極東の小国が、これほどの美意識と技術を持っていることに、人びとは心底驚き、同時に惹きつけられたのである。

明治時代から大正時代にかけて、大変な日本ブーム・中国ブームが沸き起こったのである。


関連リンク

ボストン美術館にも所蔵されている

葛飾北斎・富嶽三十六景の『神奈川沖浪裏』


La gran ola de Kanagawa (神奈川沖浪裏) / nyatsuki クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。


ポチっとお願いします

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

日米関係史

軍部の暴走により日米開戦に至った、戦前日本は軍部に牛耳られた暗い時代だった、といった歴史認識があるが、それは誤りである。日本人もアメリカ人も、誰も好んで戦争はしなかった。アメリカで事業を営み、アメリカに取り残されてしまったヤマナカ商会の視点から、戦前の日本とアメリカが、保護貿易でお互いが自分の首を絞め、抜き差しならぬ関係となり、戦争への転落の道を歩んでいった様子が、本書を通じてよく分かる。


友好的だった日米関係

1930年代を通じて、ビジネス面での日米関係は友好的だった。ヤマナカ商会のニューヨークの拠点は、ロックフェラーが所有するビルに入っていた。本書表紙の写真がそれである。ロックフェラー二世はヤマナカの得意客でもあり、ヤマナカがアメリカの富豪たちと良好な関係を築いていた様子が伺える。1939年には日米通商航海条約失効したが、日米関係が悪化していく中でも、取引関係に変わりはなかった。


雲行きが怪しくなり状況が一変したのは1941年である。7月2日に日本が仏印南部への進駐を決定すると、日米関係の亀裂は決定的になる。


日米の転落、ヤマナカ商会の解体

1941年7月25日、アメリカで在米日本資産凍結令が公布された。日米の往来が禁止されたのみならず、通信手段も凍結された。ヤマナカ商会を初めとする在米日本企業は、日本との連絡を取ることもできず、完全に孤立してしまった。


戦争の火蓋が気って落とされると、ヤマナカ商会はAPC(敵国資産管理人)の支配下に置かれ、解体へと向う。ヤマナカ社員にとってなんと無念だっただろう。しかし、日本人もアメリカ人も、鮮やかなほどビジネスライクで紳士的だった。戦争開始後も店舗での販売は許された。しかし一方で、APCによりヤマナカの在庫は競売にかけられていった。APCの報告書によると、APCがヤマナカから吸い上げた収益は74万6000ドルだった。三井物産の接収資産が2000万ドル、三菱商事が545万ドルであったことを考えると、決して少ない額ではなかった。


ヤマナカで働いていたアメリカ人社員が、戦後、競売で売られたヤマナカの美術品を密かに買い集め、大阪の山中本社にニューヨークでの再起を促すシーンがある。ヤマナカはニューヨークでの再開は果たすが、結局はうまくいかずに閉店した。しかし、ヤマナカがアメリカ人社員と強い絆で結ばれていたことは、本書における唯一の救いと言ってもよいかもしれない。


そして、筆者は最後に次のように締めくくる。全くの同感である。

 山中商会が東アジア美術をアメリカに紹介した先駆者的存在で、また日米親善の陰の力持ちでもあったことを思えば、その運命の逆転ぶりは、やはり無惨だった。

 戦前の山中商会のような美術商は、後にも先にも存在していない。私たちは、過去を振り返って、今その全貌を知る必要がある。


日米関係史の関連書籍

いくつかの日米関係史を挙げてみる。



本書は読んだ。自虐史観にとらわれることなく、なぜ日本とアメリカが戦争の道へ転落していったかが、よく分かる。20世紀後半、ソ連を敵視し、21世紀、イラン・イラク・アフガニスタンを敵視したように、20世紀前半においては、アメリカは当時の新興国日本を敵視していた。世界恐慌後の保護貿易によってお互いがお互いを追い詰めていく様は、『ハウス・オブ・ヤマナカ』で生々しく描写されている。


日本経済を殲滅せよ
エドワード ミラー
新潮社 ( 2010-07 )
ISBN: 9784105284022


本書は読んでいないが、「在米日本資産凍結令」を検索したところ、出てきた。石油禁輸ではなく、「在米日本資産凍結令」こそが日本の息の根を止めたとある。『ハウス・オブ・ヤマナカ』での描写と一致する。『ハウス・オブ・ヤマナカ』は、戦前の日米関係史を紐解く一級の資料と言えよう。



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村