最近、ますますその感を強めてきました。そして、なによりその担い手は、「人」です。わたくしが巡り会って、社会を動かす原動力を持っている人たちを紹介します。数百人単位で人を動かす力を持っている人たちです。

◆早朝アウトプット(へぇ~話披露)ミーティング◆

IMG_20110908_065621

早朝に撮ったスターバックス

昨日(9月8日)、朝7時より、新宿サザンテラスのスターバックスで朝活を行ってきました。参加者はわたくしを含めて9名。うち女性2名。今回の幹事はわたくしですが、この朝活自体の主催者は横路一樹(よこじいっき)さんです。

横路さんは、古着・リサイクルショップのオーナーです。横路さんの話を聞き、その行動力・企画力・ネットワーク力・戦略構想力・人間を見抜く力に、あらためて感服しました。昨日、横路さんが語った話はなんだったのか?わたくしの関心ごととずばり一致しているのですが、知りたい方は、当朝活に参加してみてください。

当朝活は、幹事交代性で隔週ぐらいで開催していく予定です。参加してみたい方は、Facebookの当グループに参加願います。

なお、言うまでもありませんが、Facebookへの登録は必須です。なぜFacebookを使う必要があるのか?ということを未だに聞かれるのですが、答えは明確です。使わなければ、このような活動に参加することもできなければ、知ることもできません。こうした素晴らしい人びとと会うこともできません。Facebookを使うということは、あらたな人と人との巡り会いを作っていくことに他なりません。


Future Innovation Cafe

Future Innovation Cafeは、主にビジネスパーソン同士のワールドカフェです。一部、大学生の方も参加しています。月1回の頻度で開催されます。主催者はpawchanこと、田口 真司さんです。

次回の「デザインカフェ」は、申込み受付中で、わたくしも参加予定です。こちらのイベントは、特にソーシャルメディアを利用していなくても参加可能ですが、登録時に氏名の入力は必要です。そして、参加者の名前はインターネット上に公開されます。人と交流するには、まず自分が何者であるかをさらけ出す必要があります。名前を公開したくない人は、参加できません。

そして、その田口さんが、一昨日、以下のようにつぶやいているのを発見しました。

2011/09/07 19:09:56
年末は横浜で大規模カフェを催す予定です。大規模といっても数百人レベルですが。 #fic_wc

そしてわたくしは切り替えします。

2011/09/07 22:37:03
ここまで出来ると、政治家になれるのではないだろうか? RT @pawchan 年末は横浜で大規模カフェを催す予定です。大規模といっても数百人レベルですが。 #fic_wc

数百人単位のリアルなムーブメントを起こす。わたくし自身、20代前半の時、現名古屋市長の河村たかし氏が衆議院議員初当選した1993年の選挙(自民党が下野した選挙)を手伝った経験があります。その経験から、営利目的もなく数百人規模の人を集められるのは、国政選挙に出馬するぐらいの人でないと、なかなかできないと感じています。


田口さんの真意は、もちろんわたくしには分かりませんが、政治家になれる器だと想います。もっとも、彼からは、以下のように返されましたが・・・

2011/09/08 14:01:13
ぜひ先陣を!RT @naokis: そろそろTwitterまたFBユーザの中から「出馬宣言」をする人が出てきてもおかしくないです。いや出てきて欲しい。既に既存政治家ユーザもたくさんいますが、彼ら以上に圧倒的にフォロワーを増やせれば、勝てる可能性が @MasaKohakura


あらたな読書のムーブメントを作る

ITmediaオルタナティブ・ブログ“Social Reading”のブロガー、内藤順さん。内藤さんとわたくしの出会いは、成毛眞氏(元マイクロソフト社長)の「本のキュレーター勉強会」にお互い落選したところから始まりました。

その後、彼のブログを発見、もう一人の金森さんと合わせて3人で、勝手に二軍キャンプを始めました。

内藤さんの読書量、アウトプットの品質は半端ではありません。Amazonレビュアーランキングでも151位です(2011年9月8日現在)。毎回の二軍キャンプで、大いなる刺激を受けたものです。


そんな内藤さんが、このたび、一軍に昇格することになりました。おめでとうございます。「本のキュレーター勉強会」あらため、「HONZ.JP」に近々デビューします。内藤さん曰く、HONZメンバーのレベルは予想以上に高いとのこと。わたくしから見て内藤さんは十分レベルが高いのだが・・・どんな人たちが集まっているんだ、成毛さんのところには!

そう考えると、成毛さんの思惑通り、成毛さん+HONZメンバーらによって、あらたな読書のムーブメントが起こるのではないか?そう思わざるを得ませんでした(成毛さんはHONZ設立趣旨として「出版文化」の担い手になっていくことを宣言しています)。



ソーシャルメディアによる価値連鎖が起こり始めている

この3人とのめぐり合わせ・出来事。これが昨日、わずか1日の間に全てわたくしに起きたことは衝撃です。しかし、これはまだまだ序章に過ぎません。これから価値連鎖があちこちで起こり始め、やがて社会全体を動かしていく原動力になっていくでしょう。


ドラッカーは「社会の絆をいかに創造するか?」を我々の世代に残していきました。そして、わたくしは、先月の公開イベントEGMサミット2011 Summerで、「ソーシャルメディアが紡ぐ社会の絆、組織の絆」をテーマとして掲げました。まさにドラッカーの提言どおり、今まさに社会は動き始めているのです。


イノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか (はじめて読むドラッカー (社会編))イノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか (はじめて読むドラッカー (社会編))
著者:P.F. ドラッカー
販売元:ダイヤモンド社
(2000-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村