日時:2011年10月28日 15:00~
場所:NTTデータ INFORIUM 豊洲イノベーションセンター
主催:EGMフォーラム、NTTデータ
テーマ:EGM × フューチャーセンター
~ 公私混合時代の新しいワークスタイル ~
基調講演:『公私混合時代における貢献力の経営』株式会社NTTデータ 代表取締役社長 山下徹
告知・申込:こちら


オンラインのソーシャルメディア・EGM※、リアルなコラボレーションの場であるフューチャーセンターやワールドカフェ。今まさにこの二つが交差しようとしています。


<ソーシャルネットワークに対する誤解>

長らくIT業界に身を置いていて、IT用語が外来語であるがため、日本人の腹に落ちていない言葉がいくつかあると気付いています。


たとえば、ERPは、ITシステムである以前に、企業内の資源をどのように計画していくか?という経営手法を指します。ERPを導入することは、すなわち、ERPという経営手法を導入することに他なりませんが、日本では、既存の経営手法は変えずに、ITのみ導入してしまうため、既存の経営手法に合致するように、ITのほうをカスタマイズしてしまう傾向にあります。


同様のことが、「ソーシャルネットワーク」にも当てはまります。本来的には、人間関係、友人関係、社会的関係、人脈であるはずなのに、後ろにサービスがついて、日本では、SNSという極めて矮小化された概念になってしまっています。


<社会への参加と価値の創造という理念>

しかし、ソーシャルネットワークも本来、フューチャーセンターと同様、「(社会)への参加」を指し示します。たまたま、始めた人が異なり、呼び方が異なりました。アメリカのIT側の人間はSNSと呼び、欧州の行政や大学はフューチャーセンターと呼びました。


参加している人々のアイデア出しを促し、社会に向けて新たな価値を創造していく、これがソーシャルネットワーク、フューチャーセンターの意義であり理念です。


<ソーシャルメディア側の実情>

しかし、実情はまだまだ異なります。


EGMサミットは、社内SNSを導入した企業の人、導入したい人が多く集まるイベントです。「社内SNSで企業文化が醸成される」とよく言われます。もちろん、ITの導入だけで解決しないことは、誰もが分かっています。しかし、IT以外の要素、特にHOWについて、まだまだ多くの人が分かっていないのが現状です。


SNSによる企業文化の醸成、企業変革のHOW、それは、フューチャーセンターにおける各種技法と同じです。ファシリテーション、アイスブレイク、各種ゲーム手法、ワールドカフェ。これら技法は、SNSにも応用できます。そして、実は逆もしかりです。SNSは、オンライン・フューチャーセンターにも成り得ます。


<交差するソーシャルメディアとフューチャーセンター>

日本のフューチャーセンターの伝道師である富士ゼロックスKDI。2009年、EGMフォーラムメンバーとして、六本木のKDIに訪問し、説明を伺いました。恥ずかしながら、当時、フューチャーセンターの意義を理解できませんでした。


2011年になって、ようやく腑に落ちました。ソーシャルメディア・EGMとフューチャーセンターやワールドカフェ、この二つが交差を始めました。


<日本が再び世界をリードする時代へ>

フューチャーセンターは、世界に先駆け、日本から立ち上がろうとしています。特に東京は、世界ダントツのナレッジワーカーが集まる巨大都市です。世界最大のナレッジとは、東京だと私は思っています。そのナレッジが世界一の、世界が憧れる食文化、オタク文化、萌え文化、カワイイ文化、ギャル文化を生み出しているのではありませんか。



そして、ナレッジワーカーも、パワー・叡智を集積し、また世界をリードできるのではないでしょうか?その起点こそが、ソーシャルメディア、ソーシャルネットワークであり、フューチャーセンター、ワールドカフェです。そう確信しています。


2011年10月28日、東京が、日本が動き始めます。


※EGMとは、Employee Generated Mediaの略で、企業の社員自らの情報発信により生成されるメディアです。消費者としての情報発信、企業の公式の情報発信(社内通達やプレスリリース)とは対を成す言葉です。そしてEGMフォーラムとは、社内SNS、社内Wikiなどを推進する企業メンバーの企業をまたいだ交流団体です。


関連リンク

・・・EGMフォーラムメンバーの竹倉さんのブログ

・・・EGMフォーラムメンバーのPachiさんのブログ



関連書籍

ゲームストーミング ―会議、チーム、プロジェクトを成功へと導く87のゲームゲームストーミング ―会議、チーム、プロジェクトを成功へと導く87のゲーム
著者:Dave Gray
オライリージャパン(2011-08-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

フューチャーセンターの技法満載の本。富士ゼロックスKDIの野村氏監修。


ワールド・カフェをやろう!ワールド・カフェをやろう!
著者:香取 一昭
日本経済新聞出版社(2009-11-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ワールドカフェの本は、提唱者アニータ・ブラウンの本と本書がある。本書のほうは日本での事例も豊富に取り上げられている。


貢献力の経営(マネジメント)貢献力の経営(マネジメント)
著者:山下徹(NTTデータ 代表取締役社長)
ダイヤモンド社(2011-05-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

基調講演をしていただくNTTデータ山下社長の近著。本書が講演の下敷きになっているらしい。




↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村