<目次>
  • 5年生もくじ
    • 飴だま 新美南吉
    • ブレーメンの町の音楽隊 グリム童話 高橋健二訳
    • とうちゃんの凧 長崎源之助
    • トゥーチカと飴 佐藤雅彦
    • 大造じいさんとガン 椋鳩十
    • 注文の多い料理店 宮沢賢治
    • わらぐつのなかの神様 杉みき子
    • 世界じゅうの海が まざあ・ぐうす 北原白秋訳
    • 雪 三好達治
    • 素朴な琴 八木重吉
  • 6年生もくじ
    • 海のいのち 立松和平
    • 仙人 芥川龍之介
    • やまなし 宮沢賢治
    • 変身したミンミンゼミ 河合雅雄
    • ヒロシマの歌 今西祐行
    • 柿山伏 狂言
    • 字のない葉書 向田邦子
    • きつねの窓 安房直子
    • ロシアパン 高橋正亮
    • 初めての魚釣り 阿部夏丸


読書日記人気ランキング


国語の教科書も、小学生の高学年になってくると、問うていることが高度になってきているようです。問いに対する答えは一つではありません。


『大造じいさんとガン』、『注文の多い料理店』、『わらぐつのなかの神様』、『やまなし』などはすでに知っている話です。初見と思えるかつ興味を引いたのが、『変身したミンミンゼミ』、『ヒロシマの歌』、『ロシアパン』です。


『変身したミンミンゼミ』

初出は1991年に出版された『小さな博物誌』ということで、私が小学生のころにはなかった話。セミは夜から明け方のうちに孵化するため、通常は孵化のシーンを見ることができない。二人の兄弟が、セミの蛹を捕まえ、家に持ち帰って孵化の様子を観察しようと挑戦する。狙うのは、たくさんいるアブラゼミではなく、透き通った羽が美しい希少なミンミンゼミ。そしてついに羽化を目撃するのだけど、透明だったと思っていた羽が見る見るうちに茶色になっていく。アブラゼミも孵化直後は羽が透明だった!


子どものころにこんな体験をしたら、すごい発見をしたと思うに違いありません。子どもに未知なるものへの好奇心を掻き立てる良作といえます。


『ヒロシマの歌』

初出は1960年。原爆投下の翌日、主人公の水兵は広島に行く。死に絶えそうな母と赤子。赤子を引きとり母な亡くなる。しかし連隊に戻らないといけない水兵は、近くを通りかかったリヤカーを引いていた夫婦に託す。それから7年後。ラジオ放送で尋ね人の呼びかけをきく。あの赤子を引き取っていった人が自分を探している。手紙のやり取りをし、夫はなくなり妻一人で子どもを育てている事情が分かる。手放したいという気持ちもゆらぐ。そして広島で再会。子どもはひろ子と名づけられていた。亡くなったお母さんの話を聞いたことで、新しいお母さんはひろ子をそのまま育てる決心をする。さらに中学卒業時、15歳になったひろ子に、真実を話す主人公。


戦争の話ですが、非常に感動する内容です。小学六年生になれば、この話を読めば、心が揺らぐでしょう。


『ロシアパン』

この話は著者の実体験でしょうか。著者の高橋正亮は1912年生れ。主人公は小学五年生。もし著者のことだとすると1923年のことになる。当時、ロシア革命後の混乱とソビエト連邦の成立により、ロシア政府の関係者やブルジョア階級は、ロシアから亡命を余儀なくされたはずです。主人公の隣にロシア人が引っ越してきました。食うに困っているロシア人はパンを作り、売ります。最初は地域住民は怪しんでいましたが、やがて打ち解けていきます。しかし、満州事変が起こり、ソ連との対立も激しくなると、ロシア人一家はスパイと疑われ、パンがだんだん売れなくなり、追われるように街を去って行ってしまいました。


そういえば、谷崎潤一郎の『細雪』にも、ロシア人が出てきます。当時、ロシア人も亡命者はかなりいたのかもしれません。


かつて、異民族を憎しみ、戦争をしてしまった時代がありました。こうした話を読むことで、小学六年生の子どもたちは何を感じるのでしょうか?


読書日記人気ランキング



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村