読書日記人気ランキング


図書分類法の一つであり、日本の図書館で図書分類のスタンダードである「日本十進分類法(NDC)」について調べましたので、メモをしておきます。


第1次区分表


  • 0 総記 (情報学、図書館、図書、百科事典、一般論文集、逐次刊行物、団体、ジャーナリズム、叢書)
  • 1 哲学 (哲学、心理学、倫理学、宗教)
  • 2 歴史 (歴史、伝記、地理)
  • 3 社会科学 (政治、法律、経済、統計、社会、教育、風俗習慣、国防)
  • 4 自然科学 (数学、理学、医学)
  • 5 技術 (工学、工業、家政学)
  • 6 産業 (農林水産業、商業、運輸、通信)
  • 7 芸術 (美術、音楽、演劇、スポーツ、諸芸、娯楽)
  • 8 言語
  • 9 文学


これを中学校の科目と照らし合わせてみると、こうなるでしょうか?


  • 国語:8 言語、9 文学、0 総記、1 哲学
  • 数学:4 自然科学(数学)
  • 英語:8 言語
  • 社会:2 歴史、3 社会科学
  • 理科:4 自然科学(理学)
  • 音楽:7 芸術
  • 美術:7 芸術
  • 保健体育:4 自然科学(医学)、7 芸術(スポーツ)
  • 技術:5 技術(工学、工業)
  • 家庭科:5 技術(家政学)
  • 該当無し:6 産業


綱目表(第2次区分表)


  • 00 総記
  • 10 哲学
  • 16 宗教
  • 20 歴史、世界史、文化史
  • 29 地理、地誌、紀行
  • 40 自然科学
  • 49 医学、薬学
  • 50 技術、工学
  • 59 家政学、生活科学
  • 60 産業
  • 70 芸術、美術
  • 78 スポーツ、体育
  • 79 諸芸、娯楽
  • 80 言語
  • 90 文学


この「第2次区分表」のほうしっくり来ます。「第1次区分表」と「第2次区分表」を見比べると、以下のことが分かります。第1次区分表では、


  • 「宗教」は「哲学」の一部という扱い
  • 「地理」は「歴史」の一部という扱い
  • 「医学」は、「技術」ではなく「自然科学」の一部という扱い
  • 「家政学」は「技術」の一部という扱い
  • 「スポーツ」や「娯楽」は「芸術」の一部という扱い


なぜ調べたのか?


なぜ今このことを調べたかというと、このブログのカテゴリを見直しするためです。「読書・書評」というカテゴリが、すでに500記事以上になってしまいました。どのような切り口で細分化するかを検討するために、まずは図書分類法を確認しました。感覚的には、「歴史」というのは「社会」の半分ぐらいを占めるだろうと思っていましたら、案の定、「歴史」と「社会科学」は同一レベルの分類でした。しかし、「地理」が「歴史」一派だというのは、今回初めて気づきました。


読了している本も、「歴史」が一番多いです。しかし「地理」が「歴史」の一部というのはしっくりこないので、「地理」は独立させようと思います。


といことで、本日(5月8日)、当ブログのカテゴリ見直しに着手しました。



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村