カリエール展チケット


11月18日の日記



今日はお休みをいただき、美術館を2つ周り、映画を観てきました。

久しぶりの文化三昧の日。


招待券をいただいたので、午前中は東郷青児記念美術館のカリエール展へ。



東郷青児記念美術館は、バブル時代にゴッホの『ひまわり』を高額落札した美術館だと言えばわかりやすいでしょう。旧安田火災ビル、現損保ジャパン日本興亜ビルの42Fにあります。


東郷青児記念美術感入口
東郷青児記念美術館入口


ビルの1Fで、『ひまわり』のポスターでお出迎え。無料コインロッカーで荷物を預け、42F直行エレベータで上へあがります。


42Fからの展望
東郷青児記念美術館からの展望


カリエールは印象派の一人です。印象派といえば、モネ、ルノワール、セザンヌあたりですが、ルノワールが色彩豊かななのに対し、カリエールはセピアのみであることが特徴。今回の展示会があるまで、カリエールの存在を知りませんでした。


作品は、人物像(ポートレイト)がメインです。特に、女性や子ども、母性を扱った作品が多いです。近くで見ると、絵具がべちょっと塗られて顔も潰れているように見え、よくわかりません。しかし、遠目に見ると、顔がぼやっと見えてきます。不思議ですね。


カリエール自身、一男六女に恵まれ、妻や子どもたちもモデルになっています。人物単独での作品だけでなく、妻が子どもを抱えている作品や、子供をあやしている作品などもあります。


セピア調のため、地味ではありますが、妻子の作品は、みていて癒されるものがありました。


カリエール作『母子蔵』
license : public domain via Eugène Carrière — Wikipédia



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村