chromebooks



結局のところ、9月29日にマイパソコンがほぼ使えない常態になり(起動はするがほとんど操作ができない)、やはり買い換えることにします。


そこで俄かに興味が出てきているのがChromebook。実際のところどうなんでしょうか?使っている方はいますでしょうか?ちょこっとだけ調べて見ました。



上がGoogleのサイト。下がAtmark ITのサイト。思わぬ落とし穴があるといけないので、できないことを確認してみた。


Chromebookでできないこと


  • Windowsアプリケーションの利用:
    まあ、これは想定内なので驚きません。

  • WindowsやMac用の周辺機器(プリンターやスキャナーなど)の利用:
    これは以外でした。プリンターへ繋げないのか。。。

  • Windowsの共有フォルダーへのアクセス:
    ええええ。。。ということは、データは完全にサーバーサイドに預けて下さいということか。外付けハードディスクに画像データが大量にあるんですが、どうすれば?


Atmark ITの記事にも書いてありますが、「セカンドマシン」ですね。念のため価格帯を調べておくと、24千円から41千円の間です。



内蔵ストレージの選択肢:eMMC、SSD、HDD


そしてもう一つ気になった点が浮上しました。

あの少量のeMMCという内蔵ストレージってなんだろう?


eMMC は SSD と同様にフラッシュメモリーを応用したストレージであり、HDD のような複雑な構造を持たないため、ストレージにおける読み込みや書き込み処理にかかる時間が短いです。 (中略)読み込みや書き込み速度が速い順に並べると、SSD、eMMC、HDD となります。


機械駆動するハードディスクのクラッシュで痛い目を見ていますので、もうこれはフラッシュメモリーに行くしかない。しかし、価格comで調べてみてもeMMCとSSDの価格差は歴然としているんですよね。SSDのほうが高い。


なので、ここまで調べてみて、eMMCベースのWindows PCの検討余地があるかなと思いました。とりあえず今日のところはここまで。



画像出典:Google and Samsung Unveil New Chromebooks - MashableAsia



最安値のChromebook(本日現在)


パソコンのクラッシュと修復の経緯





↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村