NHKの午後9時のニュースを見ていても、一言も話題にならない新党「国民民主党」。財務次官のセクハラ騒動の件は報道されているのに、それ以下のニュース価値とは・・・それどころか、Twitterトレンド情報にすら登場しません。あやうく見落として通り過ぎるところだったので、ここで記録をとっておこうと思います。ひょっとすると、これで国民民主党について話題にするのは、最初で最後かもしれません。いつなくなっても、おかしくありませんから。


3年前からのふりかえり


民主党、民進党、希望の党・立憲民主党と歩んできましたが、どんどん壊れていきました。2009年の政権獲得前の民主党は、こんな体たらくではなかったと思いますが。。。





  • 民進党消滅のゆくえ : なおきのブログ(2017年09月27日)
    先の衆議院議員選挙に向けて、まさかの奇襲で一発逆転を狙いましたが、大将が立たずに結果は民進党残党の散り散りになった姿です。大将立たずして自滅するのは、関ヶ原の戦い以来、自明のことです。



既に崩壊した体制を建て直す狡猾さが足りません。


ここで内閣不信任案なんって、野党の自殺行為です。内閣不信任案が提出されれば、その可能性はないとは思いますが、安倍政権は堂々と衆議院解散ができます。野党にその責任を押し付けて。今選挙をすれば、このシミュレーション結果になるでしょう。立憲民主党と無所属でも勝てる元民進党議員は生き残り、それ以外の民進党・希望の党の議員は全滅に近い結果になると思います。


いづれにせよ、次の選挙後には実質消滅しますので(たとえ残ったとしても、自由党や社民党のような泡沫政党になる)、話題になるのも今日で最後でしょう。



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村