横山光輝版『史記』全11巻を読破しました。



扱っている時代は、春秋時代の紀元前7世紀から司馬遷が生きた前漢の時代の紀元前2世紀までです。第一巻から第四巻は春秋時代から戦国時代。徐々に秦が台頭してきます。第五巻では、秦王の政が登場し、他国を滅ぼし、始皇帝を名乗ります。


第六巻から第八巻は、始皇帝の没後、国が乱れ、項羽と劉邦が立ち、最後は劉邦が勝ち、漢を開き、劉邦は高祖となります。第九巻では、高祖の死後、外戚の呂氏が力を持ちますが、呂氏は退けられ、第十巻・十一巻と、前漢の繁栄期を描きます。


なぜ中国の歴史を学ぶかというと、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という孫子の言葉通りです。なかなか一言で表せませんが、そこは魑魅魍魎の世界であり、各種の調略、裏切り、嫉妬、極刑などがありました。

また、現代の様々な諺が、この時代に成立しています。覚えている限り、以下の通り。


故事成語
  • 屍に鞭を打つ
  • 臥薪嘗胆
  • 隗より始めよ
  • 呉越同舟(横山版にはこの場面は出てこない)
  • 遠交近攻
  • 奇貨居くべし
  • 国士無双
  • 背水の陣
  • 四面楚歌
  • 鶏口牛後
  • 完璧
  • 馬鹿
  • 左遷

読書日記人気ランキング



戦国時代(中国)

image via Wikipedia license : CC BY 3.0


関連書籍・関連リンク

学習漫画 中国の歴史 全10巻+別巻1 セット
川勝 守, 川勝 守, 春日井 明, 春日井 明
集英社 ( 2008-11-05 )
ISBN: 9784082489076

こちらは全六巻。読了しました。

残る横山氏の中国歴史漫画は、『三国志』。さらにボリュームがあるため、躊躇しています。



Wikipedia


横山光輝氏




↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバック一覧

  1. 3. 『金瓶梅』などの中国四大奇書の世界観(読まない書評)

    • [なおきのブログ]
    • 2016年08月25日 00:47
    • 『金瓶梅』とは、中国四大奇書のうちの一つです。他の3つのほうは有名で、多分一番知られていないのが『金瓶梅』ではないでしょうか? 『水滸伝』が英雄伝説なのに対し、『金瓶梅 ...
  2. 2. 【書評】『誰も書かない中国進出企業の非情なる現実』~中国ビジネス入門

    • [なおきのブログ]
    • 2016年03月16日 02:23
    • 中国でビジネスをしようとする日本人は読んでおいたほうがよいかもしれません。 違いなく、中国ビジネスの暗部に迫った本です。目次を見ての通り、全日空、王子製紙、森ビル、伊藤 ...
  3. 1. 朝活読書サロン(3月10日)~成功哲学・税務署・どんでん返し・ロシア文学・教育・ネコ・中国・人工知能

    • [なおきのブログ]
    • 2016年03月11日 00:09
    • 今回の参加者は、美女4名+男性3名。女性比率が高いのが、この読書会の特徴です。家を出るのを少しグズグズしてしまったため、10分ほど遅刻して参加しました。