『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のレイトショーを観てきました。『ターミネーター』シリーズ5作目となる本作品。前評判があまりよくないようで、『ミッション・インポッシブル』の入替えのためか、公開後一ヶ月で既に上映回数が一日一回に減らされていました。ということもあり、期待半分、不安半分。


結果から言うと、『ターミネーター』シリーズをこよなく愛する私には満足いく結果でした。第3作、第4作よりはいい。第2作を超えるのは、ちょっと難しい。


ただ、私には満足でも、一般的にお薦めできるかというと、ちょっとどうかなという感じます。やはり5作目まで煮詰まってくると、ストーリーが複雑怪奇になり、過去の作品にある程度精通していないと、「意味」ができないかもしれません。かなりリセットしてシンプリファイした努力は感じられますが(複雑さという点では、4作目のほうが複雑)。



あまりネタバレ的なことは書きたくありませんので、ストーリーについては触れませんが、鑑賞した所感を述べておくと、タイムトラベラー作品によくありがちな、どうしても謎や矛盾が出てきます。一体過去にT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)を再度送ったのは誰なのか?T-1000(イ・ビョンホン)を送ったのは誰なのか。なぜ、最後までT-800が残っているのか。


T-800が残るということは、まだこの先の未来にT-800を製造する何かがあることを暗示します。ということで、間違いなく、今後第6作が出てくると思うのですが・・・シュワちゃん、まだ続けるのか?と思わずにはいられません。


Emilia Clarke


エミリア・クラーク


さて、ヒロイン、サラ・コナーをあらたに演じるエミリア・クラーク(Emilia Clarke)。


かわいいじゃないですか。萌えます。さっそく、画像を検索。Facebookページもありました。



結構、悪女の素養があるんじゃないかと思いました。Bitchをつけて検索すると、こんな感じ。



Pinterestでまとめました。






↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村