本日、シンガポールにて、トランプ氏~金正恩氏の間の米朝首脳会談がありました。報道内容をここで触れてもしかたないので、NHKのまとめを参照するとして、私が考えていることであまり報道されていないことについて触れておきます。


北朝鮮の非核化がもたらすもの

北朝鮮の非核化、朝鮮戦争の終結が意味するところは、アメリカ軍の韓国からの縮小・撤退です。そもそも朝鮮戦争は、アメリカ対中国の代理戦争でした。中国人民解放軍は現在北朝鮮に駐留していませんが、アメリカ軍は駐留したままです。朝鮮戦争の終結は、在韓アメリカ軍の存在意義をなくします。もちろん北朝鮮側は、非核化の条件として、アメリカからの脅威がなくなることを訴え出るでしょうから、やはり在韓アメリカ軍の縮小・撤退を要求してくるはずです。


アメリカに飛んでくる核弾頭の可能性の懸念が払拭されるのであれば、在韓アメリカ軍の縮小・撤退の要求を、案外あっさりと飲んでしまうかもしれません。


もし、在韓アメリカ軍撤退と引き換えに、北朝鮮が核弾頭を放棄したら、はたして本当に朝鮮半島に平和が訪れるのでしょうか?


歴史を振り返れば、平和を装い他国を併呑していったナチスドイツの例があります。在韓アメリカ軍がいなくなった途端、北朝鮮軍が電撃的にソウルを占拠、ということも起こりかねません。


北朝鮮の非核化がもたらすものは、アメリカの第一次防衛線が38度線から対馬海峡に後退することを意味するのではないでしょうか?


今日の産経新聞が同じ報道をしていますね。。。




Trump-Kim
credit : Blue House (Republic of Korea) via Wikipedia (license : CC0)


関連記事

日本を取り巻く安全保障に関する書評

【書評】『海の地政学──海軍提督が語る歴史と戦略』 : なおきのブログ

アメリカ海軍大将であり、最後はNATO欧州連合軍最高司令官を務めた著者・ジェイムズ・スタヴリディス氏が、世界の七つの海、3つの大洋と4つの内海の地政学観点の歴史を氏の経験も交えて振り返り、挑戦的な国々への対処といった現在の課題も含め、アメリカ海軍への提言を行います。

naokis.doorblog.jp

【書評】『オキナワ論 在沖縄海兵隊元幹部の告白』 エルドリッヂ氏と海兵隊に感謝を。 : なおきのブログ

本書を読んだ率直な感想。かなりやばい。沖縄と海兵隊の置かれている状況がです。沖縄基地問題の解決を期待して止みません。沖縄基地問題をこじらせているのは誰か?左翼と結託した沖縄の新聞社二社です。

naokis.doorblog.jp

【書評】『高校生にも読んでほしい安全保障の授業』~安全保障について理解が深まった : なおきのブログ

7月に衆議院を通過し、9月に成立した安全保障関連法。安全保障に関して、だいぶ国民の関心・理解が進んだのではないかと思います。本書は、ヒゲの隊長こと佐藤正久参議院議員が8月に上梓した本。まさに安全保障関連法案が検討する最中で、国民への説明が足りないのではないかという指摘があった時に出版されました。本書を読んで、理解が深まった点が2点あります。

naokis.doorblog.jp


↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村