有給休暇を取得しての三女(中一)の学校公開日。数学の授業が、最初の15分を先生が解説し、残り時間を自習&アクティブラーニングに割り当てました。生徒同士で解答を見せ合い、教え合うというものです。スピードの速い子もいれば、遅い子もいます。


人は、インプットよりもアウトプットにより、記憶を高めます。身につけるにはインプットよりアウトプット。教え合うということはアウトプットにほかならず、学習内容の記憶を高め、理解力アップへの向上につながるのでしょう。


アクティブラーニングといえば、国語や社会向きだと思っていたのですが、数学の授業にも十分使えることがわかりました。


中一のクラスで、数学の授業で来ている保護者の割合はだいたい3分の1強。父親はいません。5時間目が宗教の時間だったのですが、私を含めて2人しかいませんでした。


学校公開日に関するブログ記事

2011年度
2013年度
2014年度
2015年度
2016年度
2017年度
2018年度



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村