<目次>
  • 第1章 個人と企業の問題は一度に解かなければならない
  • 第2章 企業経営を変える三つの武器I・C・M
  • 第3章 硬直化した企業組織をどうやって壊せばいいのか
  • 第4章 アグリゲーターが活躍する時代
  • 第5章 アグリゲーターを生み出す組織
  • 第6章 イノベーションパワーを拡大する七つの要素
  • 第7章 「人財育成」と「イノベーション」は同時に進めよ
  • 第8章 二〇三〇年 社会、企業、働くワタシ


読書日記人気ランキング


経営コンサルタントの方が書かれた本ですが、かなり残念です。もっとも最近は、コンサルタントの書く本は残念な本が多いですが(特に「マ〇〇〇ゼー」の肩書を全面に押し出す本)。今年一押しの『LIFE SHIFT』の副読本になるのではないかと期待しましたが、なりませんでした。


何が残念かというと、GEやP&Gなど、世間一般的に知られている企業を題材に取り上げてしまっている点です。経営コンサルタントが本を書くのなら、自社の経験をベースに、個々のクライアント企業の具体的事象を洞察した上で抽象化・一般化させ、方法論に落とし込んだ上で提言するのならわかりますが、本書は自ら経験したわけでもないGEやP&Gの話が延々と出てきます。そんなことは、ビジネス書を読んでいる人なら、誰でも知っているような内容です。


伝聞情報を表面的になぞってしまったために、提言しているつもりが、空虚に聞こえてしまいます。だから、「アグリゲーター」という言葉は普及していません。「アグリゲーター」という概念はよいものだと思うのに、残念です。


未来の働き方の道標を探すなら、本書より『LIFE SHIFT』がおすすめです。


LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
リンダ グラットン, アンドリュー スコット
東洋経済新報社 ( 2016-10-21 )
ISBN: 9784492533871


読書日記人気ランキング




↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村