AKB48選抜総選挙を、初めてライブ中継を見ました。

今年も指原莉乃、ぶっちぎりの一位でした。


本人も、自分はブスだブスだとツイートするし、決して美人ではないと思うのですが、なんなんでしょうか、この人の強さは。


スピーチはにうまいし、それぞれの場面で自分をどう見せたらいいのかの自己演出力が半端なくうまいと思います。今回の勝利のスピーチも抜群です。雨天による開票イベント中止でファンに迷惑をかけ、AKB48グループが危機に陥るんじゃないかという危惧の表明、一転して盛り上げていこうぜという締めくくり方。女性とのしての可愛らしさ、愛らしさは渡辺麻友のほうが絶対上だと思いますが、人間魅力という観点では、指原莉乃をおいて他はいません。


一方で、指原莉乃が来年度は総選挙に出ないと表明し、この総選挙という仕組みも曲がり角かなという気がします。このままのスタイルでこれ以上続けても、正直、もうつまらない。


しかし、秋元康氏がすごいのは、実はいろいろ試行錯誤、チャレンジをしているということ。私のように、ほとんどアイドルに無関心、テレビもあまり見ず、遠巻きにしか見ない人には、一見成功を連発する人に見えるのですが、その裏で試行錯誤もものすごい数をこなしていること。失敗というのは、ヒットしなかったから失敗なわけで、失敗というのは、ほとんど知られることがありません。


秋元康&指原莉乃は、AKB48グループをあらたなステージに引き上げるべく、次なる策をいろいろ試行開始しているんじゃないかという気がします。総選挙だけではない、新たなAKB48グループの演出、飛躍を期待したいところです。


本日のAKB48選抜総選挙を見ての所感でした。



追記


↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村