知的な美女読書
YUKA150912596015_TP_V
model: Yuka Kawamuraぱくたそ利用規約


四半期毎の読了マイベストスリーをお届けします。第三四半期の読了数は26冊。ペースダウンしてしまいました。


『「意識の量」を増やせ!』


意識が足りない、と感じることがあります。よく忘れ物をしてしまいます。代表的なものは傘。それにカバン。パスポートの入ったカバンを忘れてしまったこともあります。財布を忘れたことも。また、不用意な失言をしたこともあります。


一方、同じ「意識」でも、自意識が高いと感じることもあります。ブログを書き連ねることはその証左です。


本書では、「意識」を「自意識」(自尊感情)と「自己肯定感」に分けて説明をしており、幼い時の自尊感情がどのような経緯で自己肯定感へと育まれていくかを説明します。著者の仮説でしょうが、その論に説得力がありましたので、ベストスリーに入れました。



『時間と場所を選ばない パラレルキャリアを始めよう!』


かねてより企業間フューチャーセンター代表理事の塚本さんよりパラレルキャリアの説明を聞いており、また職場でも、本書の著者石山さんのパラレルキャリアの講演を聴く機会を得たため、その前に本書を先に読むことにしました。


キャリアの意味を大きく勘違いしていたことがありました。私は、キャリア=金を稼ぐ能力と考えていたのですが、本書でのキャリアは、「職業だけでなく役割」と広くとらえ、社会活動における役割も含まれます。



『ある明治人の記録』


本とはどのように出会うのかが大切だと思うのです。『 ある明治人の記録―会津人柴五郎の遺書』に関して言えば、二つの出会いが交差しました。一つ目は、音読教育の推進者である齋藤孝氏が、著書『余計な一言』で自らくり返し音読している本として挙げていたこと、二つ目は、現在読まれている中公新書を棚卸したところ初期の良作として浮上したことによります。



次点


『ある明治人の記録』をベストスリーに入れる前、本書をベストスリーに入れようと思っていました。やむをえず次点にしました。


『アイデア大全』というその名に相応しいメガトン級のリファレンスブック・事典です。タイトルにある通り、アイデアを創出する42の方法を紹介します。網羅性・完全性、各方法への洞察力、関わるエピソードなど、どれ一つとっても文句ありません。




↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村