読書日記人気ランキング


完結編となる第7巻を読了しました。第6巻ではネタバレ的な書評を書いてしまったので、今回はネタバレしないように注意を払って書きます。


ファースト・フォリオ

今回の題材は、シェイクスピアのファースト・フォリオ。Wikipediaから引用すると、「シェイクスピアの戯曲をまとめて出版した最初の作品集」。全36作品が掲載されています。シェイクスピアの没年が1616年、ファースト・フォリオの出版が1623年でした。


ファースト・フォリオ
First_Folio
via First Folio - Wikipedia (license: CC0)


『ビブリア~』によると、現存が確認されているファースト・フォリオは世界で250冊程度。価格は1億円を下らないようです。そして、ファクシミリという複製版も存在します。こちらは1960-1970年代に複製されており、『ビブリア~』の中では3冊登場します。


ハッピー・エンディング

栞子の母・智恵子の謎も明かされます。完全に、とは言えませんが、栞子と智恵子は和解します。そして、五浦くんは、しっかりと栞子にプロポーズし、栞子も二つ返事で了解!最後はハッピー・エンディングとなりました。


あとがき

全7巻で初めて、作者三上延氏の告白がなされています。メイキング・ノートというのでしょうか。第6巻が出版されてから第7巻が出版されるまで、2年以上が経過しました。丹念に情報収集をし裏取りをしながら書いているとのことで、今回は海外ものということで情報収集に苦労されたようです。


一応、メインストリームの物語としては完結しましたが、今後はスピンオフものがいくつか予定しているようです。


批評

さて、『ビブリア~』シリーズ、読書家のみなさんには、古書にまつわるエピソードが楽しめる内容になっています。最初の3~4巻ぐらいまでは一話完結になっていて、途中から読むこともできなくありませんが、読み進むうちに、それまでの流れを前提知識として持っていないと、なかなか読むのが難しい内容になっていきました。なので、途中で脱落してしまった人も多いのではないでしょうか。


私が読書管理として使っているなおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf) - メディアマーカーを見ると、第1巻の登録者が1681人なのに対し第6巻の登録者が473人です。もっとも、メディアマーカー自体の利用を途中で脱落している可能性も否定はできません。いづれにせよ、途中の巻から読むのは難しいです。


それにしても、うらやましいなぁ、五浦くん。美人、黒髪、巨乳の栞子さんとお付き合いができ、かつプロポーズもできて。知的でお話しを聴いていても飽きない。


栞子さんとお別れてしてしまうのも悲しいのですが、『ビブリア』シリーズは大変楽しめました。作者の三上さん、ありがとうございました!


読書日記人気ランキング




↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村