哲学


聖職者にして教職者の渡辺和子女史。ずっと気になっていたので読んでみました。いくつかの気になったメッセージを本棚のほうに抜き出してあります。



政治


友人の桜庭さんに紹介してもらった政治家。政策立案ができる数少ない若手政治家とのこと。田中角栄の『日本列島改造論』、小沢一郎の『日本改造計画』に継ぐ日本改革の大綱と位置づけています。田中角栄が日本の成長時代、小沢一郎が日本の成熟時代、そして現在は日本の壮年時代と言えます。


生涯現役、列島開放、環境革命など、概ね賛同できる政策が多いです。しかし、今のままの民主党では、政策実現する機会は訪れません。あらためて政界再編が必要かと思います。



下村大臣の教育立国に対する信条のよりどころは、本書のタイトルが示しているとおりです。下村大臣は9歳で父をなくし、発足したばかりの交通遺児育英会の奨学金で高校へ進学、やはり奨学金をもらいながら大学を卒業します。教育に人生を捧げるのは、彼の天命ではないかと思います。



スキル

パーソナル・インパクト 「印象」を演出する、最強のプレゼン術
マーティン・ニューマン, 小西あおい
ソル・メディア ( 2014-02-26 )
ISBN: 9784905349174


東京オリンピック2020の招致を成功させたプレゼンテーション。その振付師が本書の著者マーティン・ニューマン氏です。目指すのは、「あなたが一番光り輝いているときの印象を常に与えられるようにすること」。意外と深呼吸が大切です。



女子本

女のしくじり
ゴマブッ子
ヴィレッジブックス ( 2009-12-10 )
ISBN: 9784863322004


もてそうでもてない女子。どこでしくじっているのでしょうか?①プライド、②酒、③お笑い、④金、⑤デキる女度という5つの尺度で、女性のしくじりを斬ります。著者のゴマブッ子さんはホモ。イラストではイケメン風に描かれています。女性の書くモテ本より、男女両方の心が分かるホモのゴマブッ子が書いた本書のほうが、よっぽど説得力があります。


「なおきさん、いつも女子本読んでるでしょ。おすすめの本教えて」と訊かれると、私はこの本を薦めることにしています。


教育・学習

PTAをけっこうラクにたのしくする本
大塚玲子
太郎次郎社エディタス ( 2014-05-30 )
ISBN: 9784811807737


PTAにおける課題はどこも同じだと思いました。負荷を減らす工夫が必要です。委員会制度をなくし、サポーター制度に切り替えるのも一手です。「やらされる」から「やりたい」へ。また、任意団体なので、加入の意思がなければ入会する必要がないとのことです。知ってた?



包括的な「ワークショップ」のテキストです。スライドを起こして公開予定です。ナレッジベースの要点をまとめましたので、参照ください。本書は非常によくまとまっていましたので、自分のまとめノートも簡単に作ることができました。




<つづき>


↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村