なおきのブログ

読書・書評/コミュニティ/フューチャーセンター/人材育成
Book Review / Community Design / Future Center / Human Development

カテゴリ:コミュニティ・勉強会

いつも満員御礼となる朝活読書サロン。今回は男性2名女性4名の6名の参加。いつもより人数が少ないこともあり、一人当たりの持ち時間が増え、質疑応答も増えました。なお、のべ92回目の読書会参加となります。 ...

第3回の品川読書会を開催しました。場所に迷われてしまった方もおられましたので、地図をつけておかなければなりませんでした(m_m)。文末に掲載しましたので、ご参照ください。次回は7月12日か19日を予定しています。今回のFacebookイベントでいいね!、興味ありをしていただいた方には、次回のご案内をする予定です。 ...

読書会とは選書の場です。本は1年間に8万冊から9万冊も出版されます。1日当たり200冊以上です。すべての本に目を通して選書するわけにはまいりません。読書会とは、決して自分の選書眼では見つけられない本を他人の選書眼を利用する場です。今回も、自分のアンテナでは引っ掛からなかった本ばかりが紹介されました。 ...

この日は3ヶ月に一度の社内イベントの日。私にとっては一つの区切りの日になりました。 ...

1ヶ月ぶりの朝活読書サロン。前回参加は4月24日でした。今回の参加は女性5名・男性4名です。またしても、女性上位です。単に人数比だけでなく、紹介されている本もどことなく女性上位の本が並びます。私は、上位の女性の言いなりになるより仕方がありません。 ...

町内会総会に参加しました。2年前にも参加していますが、今回は懇親会まで参加しました。 町内会といえば、どちらかというと参加率が減少していると思うのですが、私の参加している町内会は、2年連続で参加世帯数が増加しました。というのは、どんどん新しくマンションが建っているためです。うれしいことです。 ...

2回目となる品川読書会です。通算88回目の読書会参加となります。次回品川読書会は、曜日をずらし、6月14日(水)予定です。 この日は3冊の本を紹介しました。すべて人材育成・キャリアデザイン関連の本です。そして、紹介いただいた本が二冊。二人の巨匠です。 ...

企業間フューチャーセンターの会員募集の説明会に参加しました。新代表に塚本さんが就任したとともに、企業間フューチャーセンターが新しく生れ変わります。軸になっている要素は3点。 社会課題解決(Shared Value) 協創(Open Innovation) 働き方改革や組織開発(Work Style Reformation) ...

久しぶりの企業間フューチャーセンター全体ワークショップ。4月1日に塚本さんが新代表に就任したこともあり、ワークショップが開催されましたので、参加いたしました。人の出入りがありましたが、間違いがなければ参加人数は総勢31名です。さすがは対話のプロたちの集まりです。おそらく日本一の対話のプロの集まりです。企業間フューチャーセンターの第3ステージへシフトするよい場になったと思います。 この場を準備いたたいだ田口さん、中村さん、そして新代表の塚本さん、ありがとうございます。 ...

今週、あらたに読書会を立ち上げましたが、ここで過去の読書会参加記録を振り返っておきたいと思います。過去7年間で何回、読書会に参加したのでしょうか? ...

隔週で渋谷で開催している「朝活読書サロン」からスピンアウトし、「品川読書会」を立ち上げました。月1または2か月に一度の頻度開催していきます。立ち上げた理由は2つあります。「朝活読書サロン」が活況で、連日満員御礼気味であること。品川での開催要望があったこと。紹介を受けた本が5冊、紹介した本が2冊です。 ...

昨日(3月16日)、企業間フューチャーセンターのインナー・ミーティングに参加しました。内々の話につき、詳しいことは書けませんので、一般化・抽象化して書きます。 企業間フューチャーセンターは社団法人化されてまる4年経ちました。そして、次のステップへ進むべき時がきました。 ...

実のところ、これまではCSRやCSVという横文字は好きではありませんでした。しかし、今回増田さんの話を聴いて、訴えなければならない相手はもはや日本人ではなく、海外のマーケットや海外の社員だということに気づかされました。 海外市場において、日本企業の技術力ではなく、社会課題解決力が問われているのだ、と言われた時、果たして日本企業がそれに応えているか、マーケットから共感を勝ち得ているのかと考えると、心もとないです。 ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ