なおきのブログ

読書・書評/コミュニティ/フューチャーセンター/鉄道
Book Review / Community Design / Future Center / Railway

カテゴリ:フューチャーセンター

2年前、フューチャーセンターという1000本の出る杭が立ち上がると書きました。当時、私が自由に出入りできる場所は4つ程度でした。それで十分でした。しかし今、いくつもあちこちに場所ができ、あちこちからお誘いいただきます。体は一つしかないので、そんなに参加できません(笑)。箱(場所)の乱立に中味が追いついていません。「実体経済とかけ離れた」状態になっていないでしょうか? ...

今月は、自社の研究開発テーマにコネクトするフューチャーセッションを主催し、社内勉強会も主催しました。また、2件のワールドカフェに参加しました。企業をまたいだフューチャーセッションのあり方(企業人によるフューチャーセッション参加の意義)について、これまでも複数の記事を書いていましたが、それらを組み合わせ、考えを整理しておきたいと思います。 ...

ひさしぶりに3x3ラボで開催された企業間フューチャーセンター主催のFuture Innovation Cafeに参加しました。たぶん、半年ぶりぐらいの参加。しばらくブランクをあけると、対話力が落ちているのに気づきました。(汗 適度に継続することが重要ということを再確認。 ...

かねてより、フューチャーセンター関係の取り組みをボランタリーに行っておりましたが、今回、実ビジネス関連でフューチャーセッションを企画しました。明日、実施予定です。 まだ、セッションは開催しておりませんので、仮説ではありますが、今回のフューチャーセッションを設計した上での(私から見た)ポイントを列挙します。 ...

今朝は急遽、帝国ホテルの朝食会に参加しました。今日のゲストスピーカーは、デザイナーの佐藤卓さん。ニッカ - 『ピュアモルト』、ロッテ - 『キシリトールガム』、明治乳業 - 『明治おいしい牛乳』などのデザインを手がけた方です。また、NHKのEテレの『にほんごであそぼ』や『デザインあ』の制作にも参画されています。 さまざまな関係性をデザインしたわけですが、この関係性をデザインしようというのは、フューチャーセンターの概念と同一です。 ...

企業間フューチャーセンターの合宿に参加しました。参加人数は理事4名を含めて13名。社団法人化してから丸2年になります。企業間フューチャーセンターを私的解釈で図示すると、上のようになります。 ...

帝国ホテルでの朝食会にて、建築家の坂茂氏のお話を聞く機会がありました。トイレットペーパーの芯に着想を得た紙管、コンテナ、ビールケース、家具などを建築材として採り入れたり、日本の和室のように物理的にも視覚的にも内と外とを一体にするような設計、ピクチャウィンドウ、六角格子構造など、独創的な建築の世界観を描いています。 ...

やってしまった。ヤルヤル詐欺。 来週月曜の仕事の準備が完了せず、間に合いませんでした。 フューチャーセッションの大切なポイントは、「人と人をつなぐこと」。100%知らない者同士で出会い頭に温かみのあるフューチャーセッションを開催するのは至難の業です。Future Innovation Cafeというワールドカフェの雰囲気は、主催団体である企業間フューチャーセンターならではのもの。 今後も、「人と人をつなぐこと」は絶えず意識していきたいと思います。 ...

本日、某朝食会にて、クモの糸の人工合成に成功したベンチャー企業スパイバー社の社長関山和秀さんのお話を聴く機会がありました。大変感銘を受けました。スパイバー社のクモの糸は、アベノミクスの第三の矢である成長戦略の「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」の12個のプログラムの1つに選ばれています。 ...

3*3ラボで開催された 【教育政策シンポジウム】「高等教育のグランドデザイン~少子高齢化/経営/研究/グローバル競争の視点から~」に参加してきました。 少子化により大学全入時代と言われて久しいですが、現在はさらに深刻で「研究の質」を落とさずに「大学のダウンサイジング」を行うことが主テーマでした。 ...

3*3ラボで開催された政策分析ネットワーク<東京オリンピック・パラリンピック>「文部科学省・夢ビジョン2020の活動内容と今後の取り組みについて」に参加してきました。 いろんな官公庁、自治体、企業で、水面下で準備が進められつつあるようです。各セクターの叡智を結集し、オリンピック後も見据えて社会・世界を創造できるかが、東京でオリンピックを開催する意義のように思われます。 ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ