なおきのブログ

読書・書評/コミュニティ/フューチャーセンター/人材育成
Book Review / Community Design / Future Center / Human Development

カテゴリ:選書・読書論

本書との出会いは、国立情報学研究所の新井紀子先生の本を探していてのこと。見てのとおり、30名もの寄稿の本です。『14歳の世渡り術』シリーズは、これまでにも2冊読んでいました。本書を取り上げたことにより、3冊目です。 ...

読書をするようになって何が変わったか。 一言で言えば、人のことが分かるようになったことです。 人の本心、人の裏をです。 もちろん、分からないことのほうが圧倒的に多いですが、 それでも、少し工夫をすれば、相手に質問を投げかけることにより 本心を引き出すことができることもあります。 人生のうちで、もっとも後悔していることを一つ挙げれば、 若いうちからもっと読書をしておけばよかったという点です。 ...

一昨日、『本to美女』というサイトがオープンしました。 そのコンセプトはと言いますと 「美女と一緒にあなたの悩みを解決します。」 いやいや、美女と一緒に悩んだら、さらに別の悩みが深くなりそうです。 私は、『本to美魔女』を始めようかな。 本to美魔女専属モデルを募集します! ...

谷崎潤一郎ファンとしては、このことに触れておかなければなりません。 谷崎潤一郎が亡くなったのは1965年。 2015年で没後50年。 日本の著作権法では、著作権は没後50年までです。 よって、2016年、谷崎潤一郎の著作の著作権が切れました。 晴れて、青空文庫の収蔵されました。 1月1日時点で、『春琴抄』が既に公開済です。 ...

先週、思わず買ってしまいました。週刊ダイヤモンドは、たまに良質な特集を組みます。 特集の『「読書」を極める!』の目次を抜き出します。 雑誌は、全部を読むものではありませんが、読んだ箇所に〇をつけ、ピックアップします。 ...

かねてより行きたかった天狼院書店に行ってきました。存在はかなり前から知っていたのですが、3月の夜の読書会MAX@品川で、シンさんより天狼院書店が出版している本の紹介を受け、俄かに興味を持っていました。6月12日は、午後に時間がありましたので、都電荒川線に乗って、行ってきました。都電雑司が谷で下車、徒歩1~2分の距離です。池袋駅からも歩けます。 ...

本と出会うということは、単に情報と出会うのではない。それを書いた人と出会う、ということです。 ソーシャルメディア・ソーシャルネットワークは、単に文字のやり取りではありません。その文字の裏には、その言葉を吐いた「人」がいます。 ...

まもなく読書週間です。読書しましょう。 子どもに本を読んであげていますか? *子どもに読み聞かせをするのにおすすめの本 >> 英語でもよめる スイミー (レオ=レオニの絵本)レオ=レオニ好学社 ( 2013-06-28 )ISBN: 9784769020288なおきの本棚 (Naoki’s Bookshelf ...

>> 未熟であることの自覚こそが成長のドライバー 10日ほど前にFacebook内の読書会グループのスレッドで、咄嗟に私が発した言葉です。自らの心の内面からふつふつと沸いて出てきた言葉。この10日間ほど、この言葉が自分の頭の中でずっと反響していました。 この言葉をどこで ...

昨年より何度か参加させていただいている通称「エビカツ」こと、恵比寿での東京朝活読書会。たびたび、「読書のアウトプットとしてブログを書こう」と唱え(?)させていただきましたが、ここ最近になって、ブロガーの方々が増えてきました。そんなブロガーの方々を知って ...

Courtesy to http://www.photolibrary.jp/ 人は私のことを大変な「読書家」だと言う。しかし、昔の私を知っている人は「あいつは読書家ではない」ことを知っている。実は、今のように、たくさん本を読もうとし、実践し出してから、たった4年しか経っていない。それまでそ ...

Courtesy to http://www.photolibrary.jp/ 現在、「プレゼン読書会」なるものを企画中である。まずは非公開で開催し、うまくいけば、2回目3回目を公開に切り替え、行いたいと思う。 さて、EGMフォーラムや一昨日のワールドカフェで、読書会をしましょうと誘っておきな ...

読書時間 / yosshi この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。 私自身、このブログを書くために文章力を鍛えている。 そのために文章術を学習している。 -[読書]文章力を鍛えるための本3冊+α とある査読に参加し ...

週刊 東洋経済 2011年 1/22号 [雑誌]東洋経済新報社(2011-01-17)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 発売から1ヶ月ほど経ってしまったが、「読書術」特集があったので、その要約をメモしておく。 *ビジネスパーソン1000人アンケート -ビジネスパーソンの平均読書数:18.4冊 ...

↓↓ポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ