この土曜日(12月14日)は、私の子どもが通う小学校の学校公開日&作品展覧会でした。


子どもたちが図工の時間に制作した作品が体育館いっぱいに展示してあります。


小学校1年生から6年生までそれぞれ。


子どもたちが制作した作品に触れると、子どもたちの創作能力の高さに驚かされます。


ふと、こう考えます。


子どものころに持っていた創作能力を、どうして大人たちは失ってしまうのだろうと。


大人になっても、図工の時間、創作の時間は必要ではないでしょうか?




体育館全景です。




カラスの羽を飾ります。


羽を飾ることは先生の指示ですが、どう飾るかは子どもたちの工夫次第。




ポケモンのキャラクターたち、ドラえもん、ハローキティ、ガンダム、ゆるキャラ等。


どのキャラクターにするかも子どもそれぞれ。




黒幕の中は蛍光塗料の世界。




先月は教室に飾ってありました。小学校1年生、2年生の作品です。


2年生の国語の教科書に載っている『スイミー』の絵です。



最近、英語版が出版されたようです。


関連記事



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村