電車の中で自分の赤ちゃんに泣かれてしまうと困ったものです。

周囲に不愉快な気持ちにさせてしまっているので。


その気持ちが分かる人は、同じような境遇の方を見かけたら、声をかけてあげてください。かける内容は「赤ちゃんは泣くのが仕事ですからね」ぐらいでいいんじゃないかなと思います。


そうすれば、その赤ちゃんを連れたお母さん(またはお父さん、以下省略)は、精神的にラクになると思います。


また、これは予防線にもなります。


なかには、泣き止まない赤ちゃんを連れているお母さんに対して、その気持ちを察せず、悪態をつく輩もいます。ちょうど数日前、Facebookでこんな書込みがありました。


帰りの新幹線。赤ちゃんがぐずって泣いている。母親がデッキに出たりしながらあやしている。また泣いた。
通路を挟んで反対側に座ってパソコン作業をしている30代半後半らしき男がつぶやいた。
「うるせーな」
鬼のような顔をしている…


このように言われてしまっては、お母さんは恐縮するしかありません。しかし、もしその前に、誰かがそのお母さんに声掛けをしていたら、悪態をつかれたでしょうか?


人が見ず知らずの人に悪態をつくのは、明らかに自分より弱い相手に対してのみです。男性からは女性は攻撃しやすいのです。


しかし、もし女性側に別の大人がそばにいたら???2対1になれば、うかつ攻撃できません。


社会で遭遇する些細な出来事は、ちょっとした声掛けをするだけで、だいたい解決するものです。


これは、心理学の応用の一つです。これを思い至った経緯として「電車の席を老人に譲らせる方法」があります。その記事でも、シルバーシートに座り続ける人にどいてくださいと言うのではなく、困っているほうのおばあちゃんに声をかけ、シルバーシートに座っている人に気づきを与えるものでした。シルバーシートに座っている人、おばあちゃん双方に不愉快な思いをさせずにすみます。


赤ちゃんが泣いてしまった場合も、「うるせーな」と言う人に反応しても気まずくなるだけ。困っているお母さんに声掛けすることで、お母さんも気が和らぐし、「うるせーな」と思った人も、自分がそれを言ってしまうと自分が周囲に気まずい雰囲気を作ることに気づくでしょう。


(最後の2パラグラフを修正。11月7日 7:44)



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村