父親と赤ん坊



自民党の宮崎謙介衆院議員の育児休暇取得宣言について、ブログで書き留めておきます。


冷静に賛否両論の意見を見渡しましたが、ニュースを知った時に最初のつぶやいた言葉と現在の考えは、ほとんど変わりありません。





「育児をするために休みを取るのが政治家にとって重要ではない。どうすれば子育てをしやすくなるのかを探すことこそ、政治家にとって大事だ。そのために必要な制度を考え、社会整備をしていく。体験なくして有効な政策は生まれない」(民主党・柚木道義衆院議員)


体験したことを政策提言に活かしていくことが政治家の役目というのは、そりゃそうでしょう。しかし、育児休暇を取る妨げにはならないと思います。


「国会議員が率先して休暇を取るだけで男性の育休取得が進むと考えるなら、意識が遅れ過ぎていると言わざるをえない」(民主党・柚木道義衆院議員)

  • 出典:同上


意識が遅れすぎているのは、日本社会全体です。意識が遅れすぎている日本全体には、ちょうどいいインパクトです。


「男性の育児休暇はけしからん」とか言う企業経営者や政治家は弾劾されるべきだ。なぜならそれは「自分だけよければ日本の将来はどうなってもいい」と断言しているに等しいからなんです。


同感です。弾劾せよとまでは言いませんが、そのような方は無責任な方だと受け止めます。


最初に驚いたのは、そして恐いと思ったのは、経営者ではない一般の人の中に「育休取得することに反対」と主張する人がたくさんいたことです。

(中略)

結城が恐いと思ったのはその理由がぴったりと「ブラック企業の経営者の主張」だったからです。確かに税金が云々とか、高収入がどうとか、そういう話はありますが、ロジックの組み立ては、ブラック企業の経営者そのものとまったく同じ。これは「恐怖」でした。

(中略)

給料はどこから出てると思ってるんだ、高給なんだから、やりくりしてなんとかすれば、夫婦が交互に取れば、戻ってきたときにポストがあると思わなければ、その間の給与を返上すれば……それってブラック企業の主張なのか、お局様が展開する社内論理なのか。すごく恐く感じる。


あぁ、なるほど。そうか。たしかにブラック企業のロジックと同一ですね。「国会議員は企業の取締役と同じで労働者ではないので休暇という概念がない」という正論に気持ち悪さを感じたのは、そういうことなのかと。そういうことをいう企業経営者は、休みを取ったらあかんで。


「自分は理不尽で苦労したから、次の世代にはこんな苦労は味合わせたくない」と思えない人が、これほど多いことに恐怖した。「自分が理不尽で苦労したから、次の世代にも同じ苦労を味合わせてやろう」と潜在的に思っている人が多いのだろうか。それに恐怖し、そして非常に悲しくなった。

  • 出典:同上


それは少し言い過ぎのように思いますが、そのように感じる人がいることは理解できます。





↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村