<目次>
  • プロローグ 2013年1月、どん底の夜0時
  • 第1章 東京がこんなにおもしろマッドシティーだったとは
  • 第2章 私を育ててくれたヴィレッジヴァンガード、その愛
  • 第3章 出会い系サイトで人生が動き出す
  • 第4章 ここはどこかへ行く途中の人が集まる場所
  • 第5章 あなたの助言は床に落ちてるホコリみたい
  • 第6章 私が逆ナンを身につけるまで――――そしてラスボス戦へ
  • 第7章 人生初のイベントは祖父の屍を越えて
  • エピローグ 季節はめぐる、終わりと始まり
  • あとがき 2017年秋、本屋の店先で


読書日記人気ランキング


もっと早く読みたかったのですが、ようやく読めました。読み始めてみて気づいたのですが、ひょっとしたら著者の菜々子さんとネット上すれ違ったことがあるかもしれません。本書で取り上げられている「出会い系サイト」ってコーヒーミーティングではないかと思いました。30分~1時間のコーヒータイプのアポイントを取るFacebook連動アプリで、異性の紹介を主目的とするいわゆる「出会い系」ではありません。何度か使ったことがあり、気のせいかもしれませんが、この中で「あなたにお薦めの本を紹介します」という方をお見掛けしたような気がします。


さて、本書を通読して思ったことは、1)人を通じて「本」を知ることの大切さを再認識したこと、2)本を通じて「人」を知るという逆の効果もあるということ、そして3)菜々子さんの驚嘆すべき選書の幅の広さ(読書戦闘力の高さ)、4)男というものです。


1点目、私自身、通算182回の読書会で人に本を紹介してきましたし、人から本の紹介を受けました。本を直接知るのではなく、人を介して知る。紹介者がキュレーションの役目を果たすため、本来その本が持っている性質・特徴がよりいっそう際立ちます。


2点目、人に本を紹介するということは、それ以前にその相手の人を知らねばなりません。「その人のことが分からないと本はすすめられない」(p62)だけでなく、「本を紹介しようとすると、意図せずにその人の心の深く(中略)に触れてしまうこと」(p215)もあります。人に本を薦めるということは、その相手の人と触れ合うことにも通じます。


3点目、人に本を薦めるという点において、私と生き方がかぶることもあり、読了後速攻で対戦をお願いしました。



と言うてみたものの、選書眼でかないそうにあいません。本書の中で、合コンが生ぬるいと思うくらい「人と会うことになったときの戦闘力が仕上がってしまった」(p146)という表現もあったので、「読書戦闘力」という言葉を編み出してみました。



そして4点目。「女とセックスできるかもしれない」(p31)問題です。「男は『やれるかも』っていう希望だけで生きていける」(p202)という、本書の中でたびたび登場する遠藤氏の言葉は私も否定できません。


最後に、本書に登場する菜々子さんが薦めた相手と薦めた本をリストアップしておきます。


# 薦めた相手 薦めた本 著者
1 土屋さん40代 『日本のセックス』 樋口毅宏
2 コージさん約30歳 『思いを伝えるということ展のすべて』 大宮エリー
3 原田さん(写真) 『おんなのことば』 茨木のり子
4 大橋さん20代 『ウケる技術』 水野敬也
5 井田さん 『ミーツへの道 「街的雑誌」の時代』 江弘毅
6 高島さん(ノマド) 『23分間の奇跡』 ジェームズ・クラベル
7 さやかちゃん 『もろだしガールズトーク』 アルテイシア
8 遠藤さん(映像作家) 『モジャ公』 藤子・F・不二雄
9 ユカリさん 『なにたべた?』 伊藤比呂美・枝元なほみ
10 前野さん(医大生) 『オン・ザ・ロード』 ジャック・ケルアック
11 牧さん(ゴーストライター) 『おとなの小論文教室。』 山田ズーニー
12 田口さん(大学生) 『「美女と野獣」の野獣になる方法』 水野敬也
13 あみちゃん 『捨てがたき人々』 ジョージ秋山
14 藤沢さん(妄想作家) 『深夜特急』 沢木耕太郎
15 黒岩さん(ブロガー) 『宮本から君へ』 新井英樹
16 佐久間さん(ブロガー) 『カキフライが無いなら来なかった』 せきしろ・又吉直樹
17 へそまがり店主 『観光』
『青春と変態』
ラッタウット
会田誠
18 イベント・悠香さん 『お縫い子テルミー』 栗田有起
19 イベント・朝子さん 『富士日記』
『悲しみよこんにちは』
武田百合子
サガン
20 イベント・みのりさん 『わたしを離さないで』 カズオ・イシグロ
21 店先にて 『美しい距離』
『さよならもいわずに』
山崎ナオコーラ
上野顕太朗


読書日記人気ランキング


菜々子さんのお薦め本で既に読書サイトに登録していた本

『日本のセックス』

『オン・ザ・ロード』

『おとなの小論文教室。』


他に気になったのは、

  • 茨木のり子の『おんなのことば』
  • アルテイシアの『もろだしガールズトーク』
  • 水野敬也の『「美女と野獣」の野獣になる方法』


読書日記人気ランキング



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村