データえっせいの舞田さんが、内閣府の調査を基に、『パソコンを持たない若者』という記事を書かれています。



舞田さんは若者がパソコンを持たないことを問題提起しています。舞田さん自身の大学における授業で、学生がExcelのグラフが書けないという事実に気づいたことに端を発しているようです。


さてこのことが本日、Twitter上でバズっていました。パソコンを持たない理由として「日本はガラケーが先に発達したから」というのが主な論調でした。


しかし、ちょこっと元データを眺めていたら、違う事実に気づきました。(ちなみに、パソコンで眺めていました。小さいスマートフォンの画面で眺めていては、気づかないでしょう。)


日本人はデジタル機器全体の所有台数が少ない


わかりやすくするため、13~15歳のみを抜き出しました。

100人当たりのデジタル端末の所有台数をグラフと表で表します。


13-15歳のデジタル端末の所有台数(100人当たり)グラフ


13-15歳のデジタル端末の所有台数(100人当たり)


ここで明らかなのは、日本が圧倒的に所有しているデジタル機器台数が少ないことです。韓国が3台弱、欧米が3台強なのに対し、日本は2台弱です。もっともこの差は、対象年齢を13歳~29歳までに広げると、若干緩和されます。


13-29歳のデジタル端末の所有台数(100人当たり)グラフ


13-29歳のデジタル端末の所有台数(100人当たり)


デジタル端末全体の数が少ないことも、由々しき問題だと考えています。


一応、パソコンについての考察


パソコンが少ない、Excelすら使いこなせないのは、家庭も去ることながら、学校教育に問題あるように感じます。少なくとも、私の子どもの通う小学校・中学校・高校でも、日常的に、パソコン(またはタブレット端末でもかまいませんが)を使っていません。むろん、パソコンルームはあります。しかし、パソコン操作の時間が週に1~2回あるのかもしれませんが、数学や理科などの通常の授業でパソコンを用いた表作成・グラフ作成などの演習場面を見たことがありません。


ブログでもたびたび触れていますが、子どもの通う小学校は毎月学校公開日があり、過去10年間ぐらい、かなりの数、学校に足を運んでいます。パソコン操作を見たことがあるのは数回のみです。学校がそのような状況なので、家で演習することもないでしょう。


長女の通う高校(私学)では、たしかにレポートはWordやPowerpointを使って作成しています。高校まで行けば、多少は利用頻度が高くなるようです。


日本でクールなデジタル機器が生まれない理由


そして、パソコンのみならず、デジタル端末全体の数が少ないことが、実は日本の電機メーカーの凋落と表裏一体の関係にあると思わざるを得ません。デジタル端末を使う国民の少ない国から、どうしてクールなデジタル端末が生まれましょうか?


日本からスティーブ・ジョブズのような人材が生まれない、イノベーション人材の教育・排出が課題だ、と言われますが、本質的にそういう問題ではないということに気づきました。


産業革命を世界で始めたのにもかかわらずイギリスの工業が衰退したのは、工業を大切にしないイギリスの国民性が原因であるという話を聞いたことがあります。


かつて日本は、世界を魅了する数多くのデジタル端末を生み出しました。しかし、内閣府の調査が表しているのは、現在の日本人は、欧米人や韓国人ほどにデジタル端末を所有していないという事実です。イギリスから工業が衰退したように、日本人がデジタル端末の所有欲を失えば、クールなデジタル端末を生み出す力も失うのは自明です。


所有しているデジタル端末の内訳と日本が世界に与える影響


さて、もう一つの考察です。所有しているデジタル端末の割合・内訳です。


13-15歳所有のデジタル端末の割合グラフ


13-15歳所有のデジタル端末の割合


諸外国と比べ、携帯ゲーム機器が突出して多いのが分かります。具体的には任天堂DSとソニーPSPです。これは中学生の長男、通学中の中高生男子生徒たちを見れば明らかです。


そして携帯ゲーム機器が生み出している文化が、ポケット・モンスターや、二次元キャラクターの世界です。このキャラクター文化は世界を席巻しています。


アメリカが世界に影響を与えているのは、軍事パワーだけでなく、ハリウッド映画と音楽などのソフトパワーにもあります。正直なところ、日本にとって、キャラクター文化は電化製品に代わる輸出産業になる(雇用を生み出す)とは思えませんが、ソフトパワーによって世界に影響を与えることは何とかできそうな感じがします。


注)データの出典について


舞田さんのブログ記事では、年齢別の数値データが表記されていますが、オリジナルの内閣府データを見ても、年齢別データを見つけることができませんでした。年齢別データは、舞田さんのブログを参照し、全体データ(13~29歳)は、内閣府のデータから抽出しています。



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村