3×3lab Futureにて(開場前)



久しぶりの企業間フューチャーセンター全体ワークショップ。4月1日に塚本さんが新代表に就任したこともあり、ワークショップが開催されましたので、参加いたしました。人の出入りがありましたが、間違いがなければ参加人数は総勢31名です。さすがは対話のプロたちの集まりです。おそらく日本一の対話のプロの集まりです。企業間フューチャーセンターの第3ステージへシフトするよい場になったと思います。


この場を準備いたたいだ田口さん、中村さん、そして新代表の塚本さん、ありがとうございます。


【プログラム】

  • 9:30-10:00 集合、設営準備
  • 10:00-11:00 チェックイン(近況報告、企業間に対する想い)
  • 11:00-12:30 ワールドカフェ(企業間FCの可能性、実績等について語り合う)
  • (休憩)
  • 14:00-14:30 新代表 塚本さんからの抱負
  • 14:30-17:30 OST※中心のワークショップ(これからの活動について)
  • 17:30-18:00 チェックアウト
  • 18:00-    懇親会

※Open Space Technology(またはOpen Space Meeting)


ダイアログ結果


前半のワールドカフェ
  • 問い①「なぜ、あなたは企業間FCに興味を持ったか」
    サードプレイス、枠・組織、フラットなつながり、新しい企業、新しい価値、これから、安心な場、各種意見
  • 問い②「企業間FCは社会に必要か?その期待は?」
    新規・変化、枠を超えた場、企業・企業人、企業変革、試せる、社会の対話基盤
  • 問い③「企業間FCを通じてあなたが実践したいことは?」
    未来の価値づくり、LIFE SHIFT、自己と向き合う、フューチャーセッション、企業の協働、社会価値づくり、企業と個人の関係性、個人の成長・教育・学び、企業や経営の資産


中盤の新代表・塚本さんの抱負
  • 抱負
    • ①ソーシャルマインド(ソーシャルビジネス、SDG's等)
    • ②オープンイノベーション
    • ③働き方変革
  • 塚本さんの抱負を聴いて共感したこと、ポイント
    個人のあり方、我々が実践すること、我々の価値・ブランド、対話、仕事とのかかわり、企業とのかかわり、ゆるいリーダーシップ、学習、タケノコ、フリーランスの関わり


10年後のありたい自分

詳細割愛。以下を参照。


OSTプレゼンペーパー
  • ①「本場オランダに日本的フューチャーセンターを創る」
  • ②「オープンな組織をどうやってつくる?」
  • ③「企業組織と個人との間の対等なお作法は?」
  • ④「ゲストスピーカー内製化100%」
  • ⑤「企業のオープンイノベーション活動における相互支援システム」
  • ⑥「3x3 Labリノベーション」
  • ⑦「自分らしい生き方を探しライフシフトを実現するには」
  • ⑧「なんで企業間FCじゃなきゃダメなの?」
  • ⑨「本物のワークスタイルリノベーションを実現するには」
  • ⑩「認知症になっても働けるシニアの居場所づくり」
  • ⑪「貨幣経済の次にくるもの。報酬/対価とは何か?」


私は⑦を起案し、前半⑦、後半⑤に参加しました。私は、企業間フューチャーセンターを通じて、LIFESHIFTに関係したワークショップを開催したいと考えています。


ダイアログ結果の詳細は、Facebookページのアルバムを参照ください。



たまねぎ

企業間フューチャーセンターとは、外と内の境界がはっきりしているスイカやメロンと異なり、どこまで向いても中身が同じで外と内の境界が曖昧な(つまりオープンな)玉ねぎのようなもの、というたとえが印象的でした。
photo credit : Couleur via pixabay.com

(license: CC0)



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村