sexy-woman
image via pixabay.com (lic:CC0)


<目次>
  • プロローグ
  • 第1講 健気を装う女 『マノン・レスコー』
  • 第2講 脳髄のマゾヒズム 『カルメン』
  • 第3講 「小娘」が化ける瞬間 『フレデリックとベルヌレット』
  • 第4講 自らに恋を禁じたプロフェッショナル 『従妹ベット』
  • 第5講 「金銭を介した恋愛」のルール 『椿姫』
  • 第6講 ファム・ファタルの心理分析 『サランボー』
  • 第7講 悪食のファム・ファタル 『彼方』
  • 第8講 「恋と贅沢と資本主義」の女神 『ナナ』
  • 第9講 「失われた時間」の嫉妬 『スワンの恋』
  • 第10講 ファム・ファタルとは痙攣的、さもなくば存在しない 『ナジャ』
  • 第11講 「神」に代わりうる唯一の救済者 『マダム・エドワルダ』
  • あとがき
  • テクスト一覧


読書日記人気ランキング


悪女フェチの私としては、本書はMUSTの本です。


そもそも、「悪女」の定義とはなんでしょうか?私の最初の悪女書評から引用してみます。

女とは、男の人生に幸福をもたらしたり、男の人生を成功にみちびいたりする存在ではありますが、時にその妖艶な色気でもって、男を惑わせ悩ませ狂わせ、破滅に導く魔性の存在でもあります。


日本にも悪女はいますし、西洋にも悪女がいます。恋愛の国、フランスでは、悪女を表す言葉として、ファム・ファタール※(Femme Fatale)という言葉があります。Fataleは英語のFatal、つまり「運命の」という意味です。Femme Fataleを直訳すれば「運命の女」です。しかし、運命の女神といったような肯定的な意味ではありません。運命を狂わす女、魔性の女という、否定的な意味です。そして、本書では、以下のように定義しています。

「恋心を感じた男を破滅させるために、運命が送りとどけてきたかのような魅力を持つ女」(ラルース大辞典を著者が直訳)


※本書では「ファム・ファタル」と表記されています。


フランス文学=不倫文学・悪女文学


本書の著者、鹿島茂氏はフランス文学者です。本書を執筆した当時、共立女子大学で教鞭を取っていました。そして、鹿島氏は、フランス文学というのは、ほとんどが不倫文学だというのです。なんということでしょうか!少し引用してみます。


フランスの恋愛文学というのはいったい何を描いていたのかといえば、それは全部が全部、人妻と若者の恋です。『クレーブの奥方』に始まって、『赤と黒』『谷間の百合』『ボヴァリー夫人』など、フランス文学の傑作はすべて、人妻の不倫小説です。


時代背景として、貴族社会・ブルジョワ社会では、結婚は政略的なものでした。また、未婚女性の婚前恋愛は許されませんでした。未婚女性は貞淑な処女でなければならなかったのです。では、女性はいつ恋愛するのか?結婚後ということになります。なるほど!そうだったのか。たしかに、たとえば『三銃士』の主人公、ダルタニアンも、王妃と恋仲になったと記憶しています。読書日記人気ランキング


サロンの役目


ブルジョワ階級の人妻が殿方と出会う機会を提供していたのが「サロン」です。引用します。若い芸術家や騎士たちを自宅に招き入れ、マダムがパトロン的な役割を果たしていたわけです。その間、もちろん旦那は留守がいいということで、旦那は旦那で、愛妾や高級娼婦のところへお出かけしていました。


「サロン」というのは、現代的な意味合いとしては、和やかな雰囲気で談話ができる空間を指すのだと思いますが、元々は、人妻が若い男を誘惑する場だったのですね。知らなかった。実は、私が参加している「朝活読書サロン」も、人妻が私を含めた男性陣を招き入れる構図になっています。元来の「サロン」として機能しているわけです。


誰のための入門か


さて、本書のタイトルは、『悪女入門』というわけですが、一体誰のための「入門」なのでしょうか。鹿島氏は、女子大学のフランス文学の教授だった方です。そうなのです。フランス文学を教えるふりをしながら、女子大生に悪女術を教えていたのです!なんともうらやましい!引用します。


私が大学で教えているフランス文学というのは、ファム・ファタルと呼ばれるスーパー・ウッフンの登場する小説ばかりなのですから、少し力点の置き方を変えてやれば、「フランス文学史」も「フランス文学演習」も、そのまま、ファム・ファタルの誘惑術の講義となりうるのです。フランス文学を勉強するといったのでは、欠伸をしてしまう女子学生も、ファム・ファタルの誘惑術ということなら身を乗り出すにちがいありません。


ぜひ、私も、女子大学で「悪女入門」の教鞭をとりたい。そして、悪女術を身につけた女子大生に誘惑され、惑わされ、悩み、狂わされたいものです。読書日記人気ランキング


本書で紹介されている本のいくつか


本書は、レファレンス・ブックです。本書で11編のフランス小説が紹介されているわけです。名前は知っていた『椿姫』や『カルメン』というのは、悪女文学だったんですね。知らなった。


本書で紹介されている中から、『マノン・レスコー』、『椿姫』、『従妹ベット』、『彼方』、『スワンの恋』を読んでみようと思います。この5冊を駆け足で紹介します。


『マノン・レスコー』は、『痴人の愛』のナオミを連想させます。『椿姫』は高級娼婦です。白い椿と赤い椿を巧みに使い分けます。「赤」は生理の意味です。『従妹ベット』は、主人公の男のプライド・虚栄心・自尊心をくすぐり、そして破滅の道へと引きずりおろします。『彼方』は悪魔崇拝・黒ミサものです。快楽に身悶え眼をつぶる女には、悪魔が降臨します。『スワンの恋』は「在/不在」を操る嫉妬の物語です。嫉妬は愛より名が行きます。


読書日記人気ランキング



悪女ギャラリー


↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村