NHK公式ガイドを接写花燃ゆNHK公式ガイド

左から久坂玄瑞(東出昌大)、高杉晋作(髙良健吾)、吉田松陰(伊勢谷友介)

杉文(井上真央)、小田村伊之助(大沢たかお)



本日より、大河ドラマ『花燃ゆ』がスタートします。テレビをほぼ見ない私ですが、大河ドラマだけは欠かさず見ています。


元来、歴史というのは男中心に表わされてきました。大河ドラマにおいても、圧倒的に男性主人公の物語が多いです。しかし、2000年以降、女性の社会進出、男女共同参画、さらには指導的地位にある女性の数を増やすという機運に則り、大河ドラマにおいても、女性を主人公に据えたドラマが増えてきました。再掲します。


大河ドラマ 主演女優 役の説明 年齢
2002年  利家とまつ 松嶋菜々子 まつ 前田利家の正室 28歳
2006年  功名が辻 仲間由紀恵  千代 山内一豊の正室 26歳
2008年 篤姫 宮崎あおい 天璋院篤姫  徳川家定の正室  22歳
2011年 江~姫たちの戦国~  上野樹里 お江 徳川秀忠の正室 24歳
2013年 八重の桜 綾瀬はるか 新島八重 新島襄の妻 27歳
2015年 花燃ゆ 井上真央 杉文 吉田松陰の妹 27歳


上野樹里の『江~姫たちの戦国~』が残念だった以外は、概ね成功しているように思います。特に、宮崎あおいファンの私としましては『篤姫』がよかった!また、個人的にはそれまであまり眼中になかった綾瀬はるかですが、『八重の桜』も期待以上によかったです。


そして、今年は井上真央主演です。彼女に注目し出したのは『花より男子』。井上真央にも大きく期待します。


『花燃ゆ』ハイライトシーン予想


さて、見せ場になるであろう場面を勝手に推測してみます。


  • 1859年:安政の大獄:兄、吉田松陰が処刑される。この時、文16歳。
  • 1864年:禁門の変:夫、久坂玄瑞、自刃。この時、文21歳。
  • 1867年:高杉晋作死去。この時、文24歳
  • 1883年:楫取素彦(小田村伊之助)と二度目の結婚。この時、文40歳


動乱期の常として仕方ないのかもしれませんが、文を取り巻く男性陣は、早くに命を落とします。ガイドブックの表紙を飾る男4人の中で、生き残るのは、小田村伊之助のみとなります。3人の死と楫取素彦との結婚がハイライトシーンになるだろうと想像するのは難くありません。


昨年の『軍師官兵衛』同様、これらハイライトシーンにあわせ、当ブログでも書き記していきたいと思います。



花燃ゆ 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
NHK出版, 大島 里美, 宮村 優子, NHKドラマ制作班
NHK出版 ( 2014-12-20 )
ISBN: 9784149233680



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村