ハードディスクの構造



一昨日、パソコンがクラッシュしました。まず、Windowsが認識しません。内臓の診断ツールで解決できず、その後診断ツールCDで確認したところ、Error code 0F00 : 0232というエラーメッセージが出ました。Google検索すると、以下のサイトを発見。このレベルのトラブル情報になると、Flickrのトラブルシューティングの時もそうでしたが、まず日本語でヒットしませんので、こういう時は英語のサイトを頼ることにします。



回答している方が、そもそも、ハードディスクの自動修復機能は何かを説明してくれていて、一体何が起きているのかがわかりました。引用します。

It's clear you've made up your mind. Yes, a full format/reload will for now, lock out the bad sectors and may get you going temporarily.

However, all drives made in the last 20+ years are built with spare sectors that are silently called into use when the original ones go bad - by the time you see bad sectors, the damage has exceeded the spare capacity built into the drive at manufacturing time. The damage has propagated to the point where bad sectors will continue to appear. You may be lucky, and get some time out of a formatted drive. Then again, you could just as well invest the several hours a full reinstall will take, only to find out more bad sectors pop up in critical areas the next day. It all depends on what you think your time is worth. A new drive costs as little as $50 or less. If your time is worth less than about $6-7 per hour, then you might want to take the gamble (by the time you're done reloading Windows, drivers, and patches you'll spend quite a few hours at the job). Your call.


意訳しますと、20年以上、ハードディスクの構造は変わっていない。ハードディスクの一部(セクター)が損傷した場合、スペアセクターが無言のまま使用されているとのこと。その間、ユーザは意識することがない。そして、スペアセクターを使い切ってしまった時に、この"Error code 0F00 : 0232"が出るとのことです。


ということは、ハードディスクというのは、知らない間に、けっこう損傷しているんですね。今まで、どうしてデータが完全に保全されているのか不思議だったのですが、カラクリがわかりました。ハードディスクを初期化すれば、損傷したセクターを避けるようにフォーマットされ、再度使用することが可能なようです。もちろん利用可能領域は若干減りますが。


診断ツールを使っていろいろごちょごちょやっていたら、Windowsが再起動するようになりました。必要なデータファイルのバックアップは取りましたが、7のファイルがI/Oエラーでバックアップできませんでした。そのセクターが損傷しているのでしょう。


ハードディスクの損傷にもかかわらず、パソコンが頻繁にフリーズします。実は、フリーズする現象は1か月ぐらい前から起きていました。最初はウィルスに感染したのかなぁと思い、フルスキャンしても見つかりません。なんとなく、だんだん調子が悪くなり、一昨日、ついにWindowsが立ち上がらなくなったわけです。


なにしろ7年使っているパソコンです。寿命でしょう。この際買い換えようと思います。


このブログ記事は、家族PC(WIndows8)から1日バックデートして更新しています。


画像出典:PCGuide




↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村