Amazon_Kindle_Fire



思わず、サンタさんから小学4年生の三女宛に宛に、クリスマスプレゼントとして、タブレット(Fire HD8)が届きました。現在、我が家には暫定的に7台のインターネット端末があることになります。


WIFI設定し、使える状態にしたあと、ふと、ペアレンタルコントロールの設定の必要性に気づきました。ちょうどゲームをやりたいと言ってきたので、「必ずその日の宿題を終えること」を前提に、Amazonアカウントに登録し、ゲームを一つインストールしました。そのついでに制限設定を施したのですが・・・・


その後ゲームを開始しようとすると、いきなり制限に引っかかってできません。制限設定項目がいくつかあり、ちょっと厳しく設定しすぎたようです。ゲーム有料課金の設定は、勝手に有料で遊ばないようオフにしておき、また夜に使わないよう、23時以降は使えないよう設定しました。


ITリテラシー向上のため、タブレットは必須だと考えているのですが、世の中の親の心配事として、怪しいサイト、利用料金、長時間利用。利用料金と長時間利用についてはガードしましたが、サイトについてはまだ対策が打てていません。今後の課題です。


6年間、中学高校のPTAの役員・委員を務めてきましたが、携帯電話、そしてスマートフォン・タブレットの子どもの利用は必ず話題になります。メーカー・通信キャリア(有料アプリのプロバイダを含む)は説明したつもり、機能を提供したつもりになっているのかもしれませんが、ほとんどの親は納得していません。提供機能を分かりやすくする、説明を分かりやすくする、デフォルトで設定しておく、周知を図る等、更なる改善を願いたいものです。


  • Amazon.co.jp ヘルプ: アプリ内課金をオフにする
    「Amazon&ペアレンタルコントロール」で検索しても、このページしか出てこない。ペアレンタルコントロールを有料課金制限としか意識していないようでは、十分な対策をしているとは言えない。実は、他に説明ページがあるのかもしれないが、検索にヒットしなければ意味がない。



(このブログ記事を書いていて、「Kindle Fire」から「Kindle」が取れて単に「Fire」になっていることに気づきました。)






↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村