マイベスト・オブ・岩波新書はこれだ!
『知的生産の技術』


読書日記人気ランキング


「岩波文庫」は何が読まれているのか?私は何を読んだのか?につづいて、「岩波新書」についても、何が読まれているのか?私は何を読んだのか?を整理しておきます。結果的に、「岩波文庫」は古典的名著が読まれているのに対し、「岩波新書」は近年の本が読まれていることが分かりました。


Amazonレビュー順にトップ10を抜き出してみました。


読まれている岩波新書トップ10

タイトル 青黄赤 著者 出版日 読んだ?
生きて帰ってきた男
――ある日本兵の戦争と戦後
新赤版 小熊 英二 2015/6/20 ×
(株)貧困大国アメリカ 新赤版 堤 未果 2013/6/28
詩のこころを読む ジュニア 茨木 のり子 1979/10/22 ×
和漢診療学――あたらしい漢方 新赤版 寺澤 捷年 2015/11/21 ×
砂糖の世界史 ジュニア 川北 稔 1996/7/22
魔女狩り 青版 森島 恒雄 1970/6/20 ×
原発プロパガンダ 新赤版 本間 龍 2016/4/21 ×
子宮・卵巣がんと告げられたとき アクティブ まつばら けい
大島 寿美子
2003/12/5 ×
ビジネス英語の第一歩 アクティブ ハイディ 矢野 2002/9/5 ×
プルトニウムの恐怖 黄版 高木 仁三郎 1981/11/10 ×


判例 説明
岩波文庫で読んだ
他の出版社の本で読んだ
読んたことはないがあらすじは知っていた
読んたことはないがタイトルは知っていた
× 知らなかった


「岩波新書」では、出版された時代によって、色が異なります。Wikipediaにまとめられていますので引用します。また「岩波ジュニア新書」、「岩波アクティブ新書」という別の流派もありますので、付記しました。


種類 発行期間 発行点数
旧赤版 1938年11月20日-1946年10月10日 101点
青版 1949年4月5日-1977年4月22日 1000点
黄版 1977年5月20日-1987年12月21日 396点
新赤版 1988年1月20日-現在進行形 1000点超
ジュニア 1979年- 不明
アクティブ 2002年1月-2004年12月 不明


ざっと見て、青版は1冊しかエントリーがありません。人によって判断が分かれるでしょうが、赤版の上位は社会主義礼賛・資本主義批判的なものが多いです。ベルリンの壁の崩壊、ソ連崩壊により左翼が劣化していったように、岩波新書も劣化していったように感じます。堤未果氏の本が読まれていることがその象徴です。



よって、旧赤版・青版に限定して、トップ10を再抽出してみました。


読書日記人気ランキング


読まれている岩波新書青版トップ10

タイトル 著者 出版日 読んだ?
魔女狩り 森島 恒雄 1970/6/20 ×
日本人の法意識 川島 武宜 1967/5/20 ×
自由と規律―
イギリスの学校生活
池田 潔 1963/6/1
知的生産の技術 梅棹 忠夫 1969/7/21
私は赤ちゃん 松田 道雄 1960/3/17
物理学はいかに創られたか(上) アインシュタイン
インフェルト
1963/9/20 ×
コンプレックス 河合 隼雄 1971/12/20 ×
科学の方法 中谷 宇吉郎 1958/6/17 ×
続 名画を見る眼 高階 秀爾 1971/5/20 ×
栽培植物と農耕の起源 中尾 佐助 1966/1/25


さすがの岩波新書青版です。イデオロギーに囚われない名著がずらっと並びます。

私が読んだ岩波新書

タイトル 著者 出版日 評価
旧赤版
禅と日本文化 鈴木 大拙 1940-09-01 ★★★★☆
青版
知的生産の技術 梅棹 忠夫 1969-07-21 ★★★★★
日本の思想 丸山 真男 1961-11-20 ★★★★☆
自由と規律―イギリスの学校生活 池田 潔 1963-06-01 ★★★★★
山県有朋――明治日本の象徴 岡 義武 1958-05-17 ★★★★☆
栽培植物と農耕の起源 中尾 佐助 1966-01-25 ★★★★★
新赤版
子どもの宇宙 河合 隼雄 1987-09-21 ★★★★★
少子社会日本
―もうひとつの格差のゆくえ
山田 昌弘 2007-04-20 ★★★★☆
シュンペーター―孤高の経済学者 伊東 光晴
根井 雅弘
1993-03-22 ★★★★☆
未来をつくる図書館
―ニューヨークからの報告―
菅谷 明子 2003-09-20 ★★★★☆
平家の群像 物語から史実へ 高橋 昌明 2009-10-21 ★★★★☆
新しい世界史へ
――地球市民のための構想
羽田 正 2011-11-19 ★★★★★
欧州のエネルギーシフト 脇阪 紀行 2012-06-21 ★★★★☆
岸信介―権勢の政治家 原 彬久 1995-01-20 ★★★★★
面白い本 成毛 眞 2013-01-23 ★★★☆☆
物語 朝鮮王朝の滅亡 金 重明 2013-08-22 ★★☆☆☆
ワークショップ
―新しい学びと創造の場
中野 民夫 2001-01-19 ★★★★★
従軍慰安婦 吉見 義明 1995-04-20 ★★★☆☆
ルポ 貧困大国アメリカ 堤 未果 2008-01-22 ★★★☆☆
中国の五大小説〈下〉
水滸伝・金瓶梅・紅楼夢
井波 律子 2009-03-19 ★★★★☆
中華人民共和国史 天児 慧 2013-08-22 ★★★★☆
読書と日本人 津野 海太郎 2016-10-21 ★★★★★
ジュニア新書
砂糖の世界史 川北 稔 1996/7/22 ★★★★★
橋本式国語勉強法 本 武 2012-10-20 ★★★★☆
〈できること〉の見つけ方
――全盲女子大生が手に入れた大切なもの
石田 由香理
西村 幹子
2014-11-21 ★★★★☆


おー、25冊も読んでいました。岩波書店は朝日新聞にならぶ劣化左翼の象徴的なメディアだと思っていたのですが、それでもまだまだ良書を多く輩出していると言えます。


他の出版社の新書


他の出版社の新書は何を読んだのか、そもそも新書はいつから出版されたのか、気になってしまいましたので、ざっと確認したところ、10冊以上読んでいるのは以下の通りです。


新書 読了数 創刊年
岩波新書 25冊 1938年
中公新書 20冊 1962年
講談社現代新書 32冊 1964年
ちくま新書 19冊 1994年
PHP新書 32冊 1996年
光文社新書 26冊 2001年
中公新書ラクレ 10冊 2001年
新潮新書 17冊 2003年
幻冬舎新書 18冊 2006年
PHPビジネス新書 12冊 不明
ブルーバックス 不明※ 1963年


※学生時代の読了を記録していないため正確な数字が分かりません。30-50冊の範囲ではないかと思います。



読書日記人気ランキング



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村