業



(これはフィクションです。)


今日は、人間の「業」というものを考えた。


今日、一般的にこの語を使う場合は、(因縁・因果による)行為で生じる罪悪を意味したり(例えば「業が深い」)、不合理だと思ってもやってしまう宿命的な行為という意味で使ったりすることが多い。


人当たりがよいはずの人が、

なぜか先週、そして今日と、

攻撃的になっていた。

まるで「人」が変わった。


他の人にきいても

「あの人は変わった」

と言う。


過度のストレス・プレッシャーを感じているのかもしれない。

予想の域を出ないので、なんとも分からない。


不可抗力の因果による罪悪をどのように避ければよいのだろうか。

そのストレスは、どのように発散すればよいのだろうか。


私も極力ストレスを貯めないようにしている。


2017年、厚生労働省により、企業に対し

従業員のストレス・チェックが義務づけられた。

世知辛い世の中になったものだ。




この本に「業」について書かれていたと思う。



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村