一体感醸成とナレッジマネジメント


組織の一体感醸成のテンプレート


本日、例の『恋するフォーチュンクッキー』、本日お披露目を行いました。



もっとも主目的は別にあり、『恋する~』自体はある意味エクシビションのようなものですが、全員で一つものを制作するという過程は、組織の一体感を醸成するという点で非常に有効であることが確認できました。


もちろん、一部には白けているような人もいますが、そうした方々を啓蒙するのは労力とベネフィットを考えて見合わないことになりますので、静観することにします。


制作した『恋する~』の動画自体は世間様にお披露目することを目的として制作しておりませんのでYouTube等にアップすることはしませんが、ご興味のある方はお問い合わせ願えればと思います。


世間の流行からは周回遅れのようですが、『恋する~』のような、みなで共同制作するようなコンテンツが、これからの時代の組織の一体感情勢のテンプレートになる、つまり『恋する~』以外にもどんどんこのような仕掛けがあちこちに出てくることになるだろうと思います。


労力とベネフィットのバランス


制作自体、若手営業が中心に取りまとめてくれました。エクシビションとはいえ、いろんな人を巻き込み真剣に取り組んだことは、今後の仕事への取り組み姿勢にもプラスに影響すると期待しています。


一方、一部の方に負担の皺寄せがいってしまっている点が反省点です。コミュニティ活動にも同じ事がいえます。満足感なども含めて得られるベネフィットが労力に見合うものでなければ、自主的な活動は成立し得ません。これは以前EGMサミットで吉岡さんがおっしゃっていたことだったと思います。



この労力とベネフィットのバランスをどう取るかは課題です。たとえ一体感醸成の良いテンプレートであっても、バランスを欠いてしまってはうまくいきません。


「競争プレゼン」というナレッジマネジメントのテンプレート


さて、冒頭、主目的は別にあると申しましたが、主目的は紆余曲折を含む成功体験のプレゼンを競う企画です。最近はビブリオバトルのような競争プレゼンがはやってきていますが、この競争プレゼンはナレッジマネジメントの一つのテンプレートです。


情報共有というのはえてしてうまくいきません。なぜなら、情報共有とは、情報発信と情報摂取と二つに分かれ、情報摂取者にはノウハウを共有してもらえるというベネフィットがあっても、情報発信者には情報発信の労力に見合うベネフィットがないからです。これを競争企画にすることにより、あらま不思議、率先して情報発信してくれるようになります。


組織内の情報共有でお悩みの方、ぜひお試しあれ。



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村