<目次>
  • はじめに
  • 第1章 「社会性」を身につけるために
  • 第2章 「心の支柱」を見つけるために
  • 第3章 「愛」を感じるために
  • 第4章 「知識」を戦力に変えるために
  • 第5章 「命」の尊厳を知るために
  • 第6章 「心」の成長をうながすために
  • 第7章 子どもに読ませたい本
  • あとがき
  • 獄中読書記録


読書日記人気ランキング



本書はなかなか骨太の書です。1本目の書評では、本を読む理由、読書で得られるものについて書きました。本書は無期懲役囚である美達大和氏(ペンネーム)が心を揺さぶられた42冊の本が紹介されています。その中で私が読了した本は、9冊ありました。これはかなり多いほうじゃないかと思います。その9冊を順に紹介していきます。


『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』

Letters_of_a_businessman_to_his_son
image credit : G. Kingsley Ward via amazon.com


ビジネスマンの父より息子への30通の手紙    新潮文庫
G.キングスレイ ウォード, G.Kingsley Ward
新潮社 ( 1994-04-01 )
ISBN: 9784102428016


出版年を見ると1994年とあります。大変なベストセラーだったことを記憶しています。しかし、当時は現在のように多読をしていなかったこと、また未婚だった私はオヤジ目線の本書に食指が伸びなかったことから、本書を読むことはありませんでした。あらためて本書を手に取ったのは一昨年の45歳の時です。本は出会う時に出会います。こちらの読む能力、読む資格、読む覚悟が備わった時です。その備えがなく単に読んだだけでは、文字は記号に過ぎません。


実社会に出発する君へ

私の見るところ、おそらく常識が実業界の戦いに携えていく最良の武器だろう。困ったことに、多くの人は戦っているうちに常識を忘れてしまうらしい。常識の兄弟分である責任についてもしばしば同じことがいえるが、これらこそ成功の基礎である。(16)

(中略)

私はこれから実業界に入ろうとする、あるいはすでにそこで奮闘している若者たちに、学ぶことは教室を離れても終わらないことを強調したい。(16)


今となっては、このメッセージがぐさりと心に刺さります。それは、我が息子、そして社会になって間もない若者たちに、私もこの言葉を投げかけたい。20代の私は、この言葉受け取る能力がなかった。今の20代の若者で受け取れない人もいるし受け取れる人もいるだろう。受け取れる能力があって既に分かっている人はよしとして、受け取れる能力がないのにまだ受け取っていない人。そういう方には本書のメッセージを届けたい。


一気に9冊の本について書き出そうかと思いましたが、この調子で書き進めると、一冊ずつ書評を書くことになりかねません。とりあえず他の8冊全てをリストアップします。そのうち3冊はすでに書評を書いていました。


読書日記人気ランキング


『人生を変える読書』で紹介され、読了した他の5冊

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
ロバート・B・チャルディーニ
誠信書房 ( 2007-09-14 )
ISBN: 9784414304169


以上3冊については書評を書きたい。骨太でなかなか大変ですが。





↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村