父と子の画像(pixabay.comより)※1

父と娘

image from pixabay.com lic:CC0 Public Domain



今年も元旦より年賀状をいただきました。筆不精につき、私の年賀状は元旦にはつかないことをお詫びします。


個人情報保護法施行※2以来、職場等で名簿を取りまとめることもなくなり(学校も名簿を取りまとめることがなくなりました)、また、1990年代後半より、個人的なお付き合いはネット中心に以降したこともあり、年賀状をやり取りしている主なお相手は、だいたい2002~2003年ごろまでに知り合った方々中心です。


特に、高校・大学の友達とは、卒業以来20年以上も会っていないにも関わらず、年賀状だけで交信が続いています。40代の方々で非IT系の方は、まずFacebookや電子メールを使っていませんので、年賀状だけが便りです。


高校・大学時代の友人は、男女問わず、みなさん、子育てまっさかりです。その中の一人から、こんな言葉がありました。


子供の成長に、親として必死について行っている状態です(笑)


子どもの成長を見守るのは、微笑ましくもあり、そんな子どもに引きずられながらも、人として成長している旧友たちの姿を見るのも、また微笑ましいものです。




↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村