三女(中一)が遠足(社会見学)に出掛け、四女(小四)が学校公開日でした。三女を集合場所に送り届けた後、小学校へ。


職業紹介

二限目は総合学習の時間を用いて四年生向けの職業紹介。弁護士、消防士、切り絵作家、お花屋さんの4人が来校。約30人のクラスを4グループに分け、一コマ45分の授業で、1グループが1人ずつお話を聴きます。平均すると1グループ10分強になります。10分で話し半分、質疑応答半分です。四年生3クラスに対し、1~3限目でまわします。つまり、大人1人につき3時間で12回の説明をすることになります。


職業紹介を総合時間に盛り込んだこと自体はよいのですが、小学四年生が1つの職業について10分で理解するのには、ちょっと無理があるんじゃないかな。できれば半日通しで1職業あたり30分から1時間ぐらい話ができたり、リアリティを感じてもらうために、模擬体験やビデオ上映などがあるといいんじゃないだろうかと思いました。


切り絵作家の方の著書

かわいい、ちいさな、手づくり雑貨 はじめてのウォールステッカー
CHIKU
ビー・エヌ・エヌ新社 ( 2010-11-24 )
ISBN: 9784861007316


俳句の創作

どうやら全ての学年で俳句の創作をしているようで、ほとんどの教室の廊下に俳句が展示してありました。春、夏、秋とこなしてきており、今回は秋です。


俳句には季語が不可欠ですが、「秋」という字がそのものを使ったり、満月や紅葉、赤とんぼなどありきたりの秋の風物ではなく、少し工夫が欲しいところ。その中できらりと光ったのは、プロ野球のドラフトやお化け(ハロウィンに引っ掛けている)を題材に取り上げたものです。


落葉の短冊
落葉の短冊
credit : のりの部屋さん via ac-illust.com利用規約

学校公開日に関するブログ記事

2011年度
2013年度
2014年度
2015年度
2016年度
2017年度
2018年度



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村