読書日記人気ランキング


地元の小学校が今年度初の学校公開を実施しました。当ブログ開設以来、学校公開日についても言及しています。ある意味、学校公開日の定点観測になります。


ソーシャルディスタンス

まず、私の子どもが通う小学校では通常、4月・5月・8月・3月を除く年間8回、第二土曜日の登校日が学校公開日を設定しています。2020年度は4-5月学校を閉鎖していた余波で、夏休みが短縮され、土曜日授業も3時間ではなく6時間に設定されました。ですので給食も出ます。


コロナウイルス感染症予防の観点で密になるのを避けるべく、隔年毎に1・3・5年生は2限目と3限目、2・4・6年生は4限目・5限目のみと限定し、保護者の教室への入室は禁止し、廊下からのみの参観です。


通常ですと、1年生保護者の参加率は過半数から2/3ぐらい、6年生保護者は1人から数人程度でした。時間帯が異なったため1年生保護者の参加率は伺い知れませんが、6年生は少ないクラスでも6人、多い時は15人の参観がありました。良くも悪くも、保護者は学校から遠ざけられたことで学校に関心が行きました。


小学六年生の授業内容

小学六年生の授業は、道徳と学活でした。道徳は「世界人権宣言」。「世界人権宣言」の文言が道徳教科書に記載されています。「人権」という言葉を知っている子どもは半分ぐらい。学活は、クラス目標の設定でした。


創作活動の展示物

廊下には各学年・各クラスの創作物が貼りだされ、今は俳句と夏休みの絵の作品です。俳句について、全ての学年で季節単位で詠みます。コロナの時代を反映し、部屋でこもっている姿やソーシャルディスタンスの様相を歌っているものもあります。絵の作品は野菜・果物の創作画です。トマトの断面図の絵が光っていました。


防災訓練

毎年9月の学校公開日は防災訓練を兼ね、保護者が子どもをピックアップします。密になるのを避けるため、保護者は校門前でしばらく待ったのち、教室で子どもをピックアップしました。


まずは、学校公開日が再開し、一歩正常化へ前進して何よりです。


学校公開日に関するブログ記事

2011年度
2013年度
2014年度
2015年度
2016年度
2017年度
2018年度



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村