総理
山口 敬之
幻冬舎 ( 2016-06-09 )
ISBN: 9784344029606

<目次>
  • まえがき
  • 第1章 首相辞任のスクープ
  • 第2章 再出馬の決断 - 盟友の死、震災、軍師・菅義偉
  • 第3章 消費税をめぐる攻防 - 麻生太郎との真剣勝負
  • 第4章 安倍外交 - オバマを追い詰めた安倍の意地
  • 第5章 新宰相論 - 安倍を倒すのは誰か
  • あとがきにかえて


読書日記人気ランキング


【書評】『総理』その1:転向・暴露・ジャーナリスト
【書評】『総理』その2:インテリジェンス・官僚・トランプ、そして・・・


書評その1では、安倍政権支持に転向を余儀なくされたこと、本書は暴露本でありながら、ジャーナリストの矜持が表れていることを述べました。そして、書評その2では、安倍政権のインテリジェンス能力の高さ、その裏付けとなる官僚の能力を引き出したこと、そのインテリジェンス能力は対トランプについても活かされていることを述べました。そしてさらに、インテリジェンス能力の高さを裏打ちしているのが腹の探り合いの能力の高さです。


腹の探り合い

まるで一級のスパイ小説を読んでいるかのような錯覚に陥ります。安倍晋三と麻生太郎。二人とも総理大臣を祖父に持つという稀有な関係です。基本的に政治信条をともにし、お互い仲がいいのですが、仲がいいから直接つばぜり合いばかりをしているわけではありません。お互いの立場というものがありますので、直接ストレートに伝えることは、時に選択肢を狭める結果になりかねません。そこでこの二人は間接話法を取ります。著者・山口敬之氏をメッセンジャーとして使いながら。


2007年8月、第一次安倍内閣の内閣改造

第一次安倍内閣で、参議院選挙敗退後の内閣改造の場面において、麻生太郎氏は安倍首相へ人事案を提示します。その人事案を直接伝えず、山口氏に託します。


「人事というのは、絶対不可侵の専権事項だ。これは俺(麻生)なりの案だが、安倍さんの選択肢をせばめたくはない。だからお前に託すんだ。明日東京に帰ったら『絶対に裏切らないという観点から麻生なりに考えた布陣です。あくまでご参考』と言って安倍さんのところに持っていけ」


2014年11月、消費税増税延期の是非を問う衆議院解散の決意に向けて

解散の発表2日前、安倍首相は山口氏に麻生太郎氏の腹を探ってくるように依頼します。


「山ちゃん(山口氏)、ちょうどいいからさ、麻生さんが今何を考えているかちょっと聞いてきてよ」

これは大変なことになったと私は思った。解散と増税をめぐる、総理と財務大臣の腹の探り合いを私に仲介しろというのだ。困った私は、こう提案した。

「解散前夜の伝令役はいくらなんでも荷が重すぎますから、麻生さんをここに呼んで、3人でやりましょうよ」

しかし、安倍は即座に答えた。

「いや、やはり今は、俺はまだ麻生さんと直接会わない方がいい。中身の話をするのは、数字が出てからだ。麻生さんの現段階での考えを聞いてきてよ」


この間接話法による腹の探り合いは、外交場面でも多様されているでしょう。対オバマ、対トランプだけでなく、対習近平、対朴槿恵も。慰安婦問題は「最終的不可逆的解決」と言いながら、新たな慰安婦像設置といった問題が起こり得ることも想定内で、大使召還も想定内でしょう。その後韓国が切ってくるであろうカードに対しても、次の策を検討済であろうと思います。


読書日記人気ランキング


評価見直し

さて、本書を読んで、安倍晋三氏だけでなく、中川昭一氏、麻生太郎氏に対する評価が変わりました。どちらかというと、この両名は私はネガティブに評価していましたが、本書を読んでみて、ポジティブに変わりました。中川氏の日本に対する熱き想い、麻生氏の洞察力・駆け引き能力、この両名の力が安倍政権の血となり肉となっています。特に盟友中川昭一氏の死は、一度は挫折した安倍氏を復活させるきっかけになったとのことです。


どこまで書いてよいのか

それにしてもです。第一次安倍内閣の退陣、第二次安倍内閣の消費税延期をうらなう衆議院解散総選挙が行われようとしているまさにその場に、著者の山口氏は居合わせ、目撃し、核心的な情報を得るわけですが、あまりにも政権に近すぎますし、その実情をここまで暴露してもよいものなのかと心配になります。


書かなかったこと

もちろん、書かずに敢えて伏せていることもあります。2007年9月12日。安倍首相辞意表明の前の早朝のこと。

そして運命の9月12日。早朝の一本の電話により、私は改めて「安倍がきょう辞める」という確信を持つに至った。その電話の詳細については、この本ではまだ明らかにすることはできない。


そして、2012年9月10日、自民党谷垣総裁が再選を目指すことを麻生氏に告げた直後に突如出馬断念を発表。

麻生の電話から突然の出馬断念会見までの1時間半の間に、谷垣が面会した人物はたった一人。閣僚や党の要職を歴任した、自民党のベテラン議員だった。空白の1時間半の間に何があったのかは、ここでは触れない。


なぜ書かないのか。推察でしかありませんが、一つ考えられるのは、ここで伏せられた人物がなんらかの形で現在進行形で安倍政権に影響力を与えているからだろうと考えるのが自然のように思えます。


心配

心配なのは、むろん私が心配しても仕方ありませんが、かように安倍氏の懐に飛び込んでいる山口氏は、中国の諜報活動のターゲットにされやしないかという点です。くれぐれも罠をしかけられないことを祈るしかありません。


追伸:2017年10月21日

その後、山口氏は「さおり」と名乗る女性から準強姦罪の告発を受けました。しかし、事件前後の流れを見ると、「ハニートラップ」であったように感じます。山口氏が韓国軍の慰安婦を暴露した記事が公表されるや否や、「さおり」は山口氏に近づきました。


山口敬之の伊藤詩織さん暴行疑惑|メール内容や事件詳細まとめ【画像あり】


宰相の条件

さて、最後の章は「新宰相論」というタイトルです。2012年以降の安倍内閣で、宰相の条件が変わったのではないかというのが山口氏の分析です。私も納得します。それは二つあります。


  • 「国家像」を持つこと
  • 「安保」「特定秘密」「原発再稼働」といった不人気法案も取り組むこと


2009年以前の古い自民党、2009年から2012年までの民主党政権に対して国民はNOを突きつけました。それは、人気取りに終始し、国家像を持たなかったからです。その背景として、中国の台頭、韓国の反日といった外圧も増えたからなのかもしれませんが、日本人全体に国家像が芽生えてきたからではないでしょうか。国家像を提示した上で、たとえ不人気法案でもその国家像を肉付けするために法案成立を目指す、そんな姿勢が国民の支持を得ているように感じます。靖国神社参拝にしても、安全保障関連法案にしても、国民のマジョリティは不問に付しているように感じるのですが、いかがでしょうか。


上記二つが宰相の条件であるならば、ポスト安倍の候補は自ずと絞られてくるのではないかと思います。誰がその器たらざる者で誰がその器たる者なのか。



-完-


読書日記人気ランキング


続編

↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村