朝活読書サロンに参加しました。今回は少し多めの8人の参加。男女4:4です。新しい参加者女性1名も参加しました。新しい女性参加者がいるというのに、エロ系を紹介するという・・・・なお、通算で157回目の読書会参加となりました。


直近の読書会参加記録


読書日記人気ランキング


紹介を受けた本

『麻原彰晃の誕生』

麻原彰晃の誕生 (新潮文庫)
高山 文彦
新潮社 ( 2018-10-27 )
ISBN: 9784101304359


今年7月に死刑執行された麻原彰晃という怪物がどのようにして生まれたのかを説きます。結局のところ、周囲との関係の中で、麻原という人物が形成されていったようです。


合わせて読みたいのは、三女・アーチャリーの手記。家族から見た麻原は一人の父でした。これも真実だろうと思うのです。


『ぼくの素晴らしい人生』

ぼくの素晴らしい人生(1) (BE LOVE KC)
愛本 みずほ
講談社 ( 2017-06-13 )
ISBN: 9784063945447


主人公は失語症。トム・クルーズが失語症として有名です。失語症の立場になることはできないため、こうした本(マンガ)で知るしかありません。


『とんでもない死に方の科学』

とんでもない死に方の科学: もし○○したら、あなたはこう死ぬ
コーディー・キャシディー, ポール・ドハティー
河出書房新社 ( 2018-06-07 )
ISBN: 9784309253848


50パターンの死に方を科学的に精緻に論じた本とのことで、紹介者曰く、爆笑するとのことです。死に本当に近づくと、痛みを感じないのではないかとのこと。裏を返せば、痛みを感じているということは生きている証。死にそうなつらい体験であっても痛みを感じている限りは、「生きよ」という神の思しめなのかもしれません。


『緋文字 (光文社古典新訳文庫)』

緋文字 (光文社古典新訳文庫)
ホーソーン
光文社 ( 2013-02-13 )
ISBN: 9784334752675


舞台は17世紀のアメリカのニューイングランド。初期のアメリカは敬虔な清教徒たちの地域でした。そんな中で不貞の子を身ごもることは・・・不貞の女は魔女とされ、胸に「A」の文字を付けられたそうです。


『官僚たちの夏』

官僚たちの夏 (新潮文庫)
城山 三郎
新潮社 ( 1980-11-25 )
ISBN: 9784101133119


1960年代、通産官僚の物語。官僚たちのバイブル的な書らしいです。


『文豪たちのラブレター』

文豪たちのラブレター
別冊宝島編集部
宝島社 ( 2018-09-07 )
ISBN: 9784800287533


芥川龍之介、夏目漱石、中島敦、谷崎潤一郎、島村抱月、太宰治ら、文豪たちのラブレターを一挙公開。書いた本人たちは、後の世に公開されるとは知る由もないでしょう。そして合わせて読みたいのは『性に取り憑かれた文豪たち』 。文豪たちはロマンチストでもあり変態でもありました。


『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語  (NewsPicks Book)
田中 修治
幻冬舎 ( 2018-09-05 )
ISBN: 9784344033504


メガネ屋のオンデーズの物語。オンデーズって知らなかった。非上場だけど年商150億円あるらしいです。危機的な状況に何度も陥りながらも、番頭役の方がしっかり支えて切り抜けたとのこと。


『余白の愛』

余白の愛 (中公文庫)
小川 洋子
中央公論新社 ( 2004-06-01 )
ISBN: 9784122043794


『博士の愛した数式』の小川洋子さんの作。女性は男の指に惹かれてしまうらしいですね。


『天国の五人』

天国の五人
ミッチ・アルボム
NHK出版 ( 2004-11-21 )
ISBN: 9784140054659


紹介を聴いていてけっこうぐっと来ました。読むかもしれません。主人公の83歳のおじいさんは自己であっけなく亡くなってしまい、天国で五人の人たちと会います。その五人のエピソードを通じて、生かされていたことに気づかされるとのこと。そして最後は感動で締めくくるようです。あぁ、読んでみたい!


読書日記人気ランキング


紹介をした本

『全国マン・チン分布考』

全国マン・チン分布考 (インターナショナル新書)
松本 修
集英社インターナショナル ( 2018-10-05 )
ISBN: 9784797680300


まだ読んでいません。女性器・男性器を何と呼ぶかの方言マップです。HONZで紹介されていました。


『チャタレイ夫人の恋人』

チャタレイ夫人の恋人 (新潮文庫)
D.H. ロレンス
新潮社 ( 1996-11-22 )
ISBN: 9784102070123


出版と同時にわいせつ物頒布罪に問われ、昭和32年(1957年)、最高裁判決で猥褻と認定された禁断の書。80数ページが削除された状態で出版されましたが、新潮文庫版の完訳が出版されたのは1996年になってから。読後感としては、80数ページも削除されてしまっては、楽しむ要素がなくなってしまうように感じます。


あらためて書評をあらわします。


読書日記人気ランキング



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村