<目次>
  • はじめに
  • 第一章 グローバルカンパニーと世界放浪を経て飛騨へ
  • 第二章 日本の田舎は世界に通じる
  • 第三章 タダの景色でお金を稼ごう
  • 第四章 大変だけど楽しい田舎暮らし
  • 第五章 企業経営の手法を地域経営に
  • 第六章 日本と世界の田舎をクールに
  • あとがき


読書日記人気ランキング


あれはいつだったか正確には覚えておりませんが、幼少のころに親に連れられて飛騨古川に訪れたことがあります。そのあとに、高山に二度訪れたことがあります。一度目は高校、二度目は社会人三年目ごろでしょうか。東京からのアクセスは決してよくありませんが、愛知県出身の私にとっては、岐阜県北部の飛騨は、比較的行きやすい観光地でした。



飛騨といえば、高山も古川も下呂も、古い街並みやその街並みを構成する古民家が魅力的です。しかし、本書の唱える「クールな田舎」は、古い町並みや古民家に留まりません。「クールな田舎」の核心部分は、「水田」です。水田を巡るサイクリングツアーを含む飛騨古川の「SATOYAMA EXPERIENCE」は、トリップアドバイザーで93%の人が5段階評価の5をつけています。



何気ない「水田」を観光資源にしてしまう。なぜそのことに著者の山田拓氏は気付きえたのか。それは、彼が1.5年に及ぶ世界放浪の旅行を経験したからです。


欧米には水田がありません。日本以外にも、韓国、中国、タイ、ベトナムなどに当たり前にある水田が、欧米にはないのです。麦畑には水を張る必要がありませんので。


山田拓氏は、世界を放浪する中で、各国の何気ない風景に魅了されました。現地の人にとっては当たり前の風景が、異邦人である自分に魅力的な景色に見えたのではないでしょうか。その経験があったからこそ、何気ない日本の「水田」風景の価値も気づき得たのだと思います。


とはいえ、順風満帆ではありません。現在でこそ、欧米人がこぞって飛騨古川を訪れるようになりましたが、ここまでの道のりは、平坦ではありませんでした。その紆余曲折の経緯は、本書を参照いただければと思います。


読書日記人気ランキング



他の地方創生&観光立国本



ニッポン景観論 (集英社新書)
アレックス・カー
集英社 ( 2014-09-17 )
ISBN: 9784087207538


デービッド・アトキンソン 新・観光立国論
デービッド アトキンソン
東洋経済新報社 ( 2015-06-05 )
ISBN: 9784492502754




↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村