帰りの電車にて。通勤時間帯につきほぼ満員です。


3人掛けのシルバーシートに中年女性2人と若者の男性1人の状態で、その前にかなり高齢のおばあちゃんが立っていました。若者はスマホに夢中、中年女性の1人はふつうに前を向き、1人は具合が悪いのか顔を伏せている状態です。誰もおばあちゃんに席を譲る気配がありません。顔を伏せている人は気づいていない可能性もありますが、他の2人は気づいていない、ということはないはずなのですが。。。


おばあちゃんを見ると手が震えています。決して「足腰を鍛えるために立っていて大丈夫」という感じには見えませんでした。


ここで思案です。「おばあちゃん、立っていて大丈夫ですか?」と声をかけました。そうしたら、前を向いていた中年女性がおばあちゃんの存在に気づき、席を譲ってくれました。


こういう場面に遭遇した時、判断が難しいのは、座っている若者や中年の方に「席を譲ってください」と言ってよいものかどうかです。少なくとも2人は健常者に見えたのですが、人は見かけでは判断できません。足にケガを負っていたのかもしれませんし、どこか具合が悪かったのかもしれません。もしくは妊婦だったのかもしれません。そういう人にどいてくれとは言えません。


なので、座っている人にではなく、おばあちゃんに声をかけた次第です。


今回、1人席を譲ってくれましたが、もし誰も譲ってくれなかった場合は「どなたか席を譲っていただけませんか」と声をかけるつもりでした。


私はこういう時、声掛けを躊躇しません。
なぜなら、声をかけなかったほうが後味が悪いからです。
無理やり譲らせてしまっては後味が悪くなってしまいます。
そこで誰も後味が悪くならないのがこの方法です。
実践あれ!



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村