日経平均が今週一週間で2000円近くが下がりました(正確には1867円下がりました)。

昨日、日経平均と日経平均先物CME(シカゴマーカンタイル取引所)は強い相関があることを述べましたが、下の図を見ていただくと、それだけでなく、円ドル為替、NYダウ平均も強い相関があるのが分かります。



一体、週明けの株式市場はどうなってしまうのでしょうか?

この週末の先物市場に注目です。


さて、これは日銀のかなり手詰まりのような印象を受けます。

以下の2つの記事は全く同感です。




3年前に黒田日銀総裁が誕生してから、彼の本心はインフレ政策ではないことを、私は彼の著書で知ってしまいました。次のブログ記事で、その著書について、ご紹介します。






↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村