明日、2月12日、日経平均が大暴落しそうです。


あまり一般的に知られていないと思いますが、

(プロのトレーダーやデイ・トレーダーを除いて)

現物の日経平均は、日経平均先物CMXと

強く連動があります。


上のグラフでは、わずかな赤色が現物の日経平均、

オレンジが、日経平均先物です。


現物が、平日の9時~3時の間でしか取引していないのに、

CME=シカゴマーカンタイル取引所の方の日経先物は

日本市場で取引のない夜間や祝日でも動いています。


昨日の日経平均の終値は15,713.39円

20時55分現在、日経平均先物CME(円建て)は15,115円

です。


日本の夜間にシカゴでどの程度値動きするか分かりませんが、

仮に12時間後も値が変わらないとすれば、

明日12日の東京市場はいきなり600円の暴落から始まり

日経平均に採用されている銘柄もほぼ同じ割合で

暴落します。


この背景には、言わずもがな、急激な円高があります。



明日の朝の株価が気になる方は、

明朝起きたらまず、

日経平均先物CMEの値を確認するとよいです。




関連記事



↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村