木曽野さんの2014年ランキングより、本書を見つけました。


子どもの自我が形成されるのは9歳から10歳と言われます。子どもにとって「わかる」ということは、心の一歩大きな成長です。本書は14の物語のなぞなぞから構成されますが、子どもの心の発達を支援するには、こうした絵本が有益です。


たとえば「魚つり」では、お父さん2人と息子2人が釣りに出かけ、全員1匹ずつ釣れたのですが、合計3匹でした。これはどういうことなのでしょうか?ということを問います。


また、ほかに、「天国とじごく」では、こんな話があります。天国の人も地獄の人も料理ののったテーブルを囲んでいるのですが、箸が1メートルもあります。短く持つことはできません。地獄の人は食べられないのに、天国の人は食べられます。これはどういうことなのでしょうか?


物語の構成


ちょっとカテゴリーを変えてみました。


小学校低学年の子どもと一緒に謎解きしたいのは

・魚つり

・カラスと水がめ

・ほんものの花は?

・天国とじごく


ちょっと難しい

・川をわたる


推定有罪系

・2人のおかあさん

・魔法の棒

・石がどろぼう

・そのひとことが・・・


基本的に、現代の刑法では疑わしきは罰せず=推定無罪です。推定有罪とするのは、なぞなぞとしては面白いのですが、現代の倫理的にはちょっと問題がありそうです。


その他

・かしこいおよめさん

・そっくりなバラの木

・末むすこの買ったものは?

・畑をたがやす方法

・遺言どおりに


「分かる」ということ~発達心理学の観点


本書では、「わかる」というのは「他人の視点」を獲得することだと言っています。たとえば、友達を叩いたら「痛い」というのは、友達の視点にならないと分からないことです。相手の視点にならなければ、相手の気持ちはわかりません。幼稚園児や小学校低学年では、自我が十分形成されていないため、自分と他人の視点の区別がつきません。それが9歳から10歳ぐらいには区別がつくようになります。


そうすると、冒頭の「魚つり」も「天国とじごく」も、ちょっと客観的な視点に立てばものすごく簡単なことなのですが、客観と主観の区別がつかないと、解くことができません。


子どもの心の発達を支援するには、こうした絵本が有益です。


<目次>

第1章 9歳、10歳はなぜ取り上げられるのか?

第2章 9歳、10歳ってどんな年齢?

第3章 「自分」って何?-自己意識の変化

第4章 「考える力」の急成長ー認知の変化

第5章 「複雑な気持ち」を知るー感情の変化

第6章 親より「友情」へー友達関係の変化

第7章 「他人の視点」の獲得ー道徳性の変化

第8章 9歳、10歳の子どもとは?-まとめ

第9章 9歳、10歳の「社会性」を育てる支援

第10章 9歳、10歳の「道徳性」を育てるアプローチ

おわりに 


↓↓参考になったらクリック願います↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村